フィリピンのビザの取得代行業者が危険な件




フィリピンでビザを取得するにあたり、
代行業者にサポートをお願いすることにした。

自分で役所とのやり取りをすべて行うのは現実的ではないので。



最初は観光ビザの更新から始まり、
その後にリタイアメントビザ(SRRV)か
永住権(クオータービザ)を取得することにした。

ネットでも色々調べていたし、
マニラに移住して現地でも情報収集を行った。


その結果としてわかったのは、
フィリピンでビザの取得代行というか、サポートをしている業者は
かなりあやしいところも混ざっているということ。

すべての会社がまずいわけではないものの、
途中で投げ出した経緯があるとか、
色々黒い噂が聞こえてくる業者もある。



フィリピンの役所側がいい加減で手続きが円滑に進まず、
手間を強いられることもある。

あるいは、クオータービザに関して
完全に役所が手続きをストップした時期も過去にはある。

そういった事情につけこんで、
自分のサポート体制の甘さをごまかしている会社もある模様。



どういうわけなのか、
フィリピンは同じように不動産業者も
きなくさい話が聞こえてくる。

マニラにしろセブにしろ、
日系の会社でちらほらそういった話があるのは残念なところ。

本来であれば移住者の助けになってくれそうな会社が、
むしろ落とし穴を掘って待ち構えている状態なので。



結局、私はクオータービザを取得することにしたが、
取得代行を請け負ってくれる会社選びに
半年ほど費やしてしまった。

しかもマニラに移住してから。


そのため、最初は観光ビザで入国して、
順次それを更新していく形になる。

手間も費用もかかるので、
本当は最初からクオータービザなりSRRVなりを取り、
それから移住した方が得。

手続きのために渡航するのも大変なので、
サポート業者に連絡して必要書類等を用意し、
それから移住するとか、
あるいは制度が変わらないうちに取得でもいいと思う。


どちらにしても、
わざわざ移住してから半年も放置しておくのは
あまり妥当な選択ではない。


その反面、
時間をかけたおかげで色々と悪い話を聞く業者は外すことができたし、
クオータービザの手続きも順調に進んでいる。

今は3段階のうちの2段階まで、
つまり指紋の登録や面談は終わったので、
残るは実際にビザをもらいに行くだけ。

ここまでスムーズに来れたのは、
取得代行業者をしっかり選別したからだと思う。



一生ものの権利としてフィリピンのクオータービザを取るので、
その際のサポートはアフターケアも含めて重要になる。

コロコロ変わるフィリピン政府の意向を
個人が順次追っていくというのは
あまりにも負担が大きすぎるので。


私が申し込みをする前にも、
一時期手続きが止まっていたために
困っている人もいたらしい。

タイミングの部分もあるので、
取れるうちに取っておくというスタンスが
正しいのかもしれない。



新興国と思ってあなどっていても、
どこかのタイミングでハードルを上げてくることになる。

通常は事前に予告したりはせずに、
唐突に発表されるため、
後からではどうしようもなくなる。

何しろ、ビザの基準を上げると先に公表すれば、
それまでに申し込む人が殺到するため、
発行する国としては人数の予想がつかなくなる。

これでは不利益なので、
向こうにとって必要なくなった段階で
急停止というのが一般的な流れとなる。


フィリピンのビザについても、
今後どうなるか分からない。

一部には条件改定の動きがあるという噂も聞く。

このへんは何とも言えないところなので、
取れるうちに取っておいてよかったと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ