大卒のフリーターと将来を語ってみた


30歳の大卒フリーターと将来について話す機会があった。

というのも、
彼がフィリピンまでやって来たので会うことになり、
その時にそんな話題になった。


ざっくり経歴を紹介しておくと、
その大卒フリーターのD氏は4年制の大学を出た後で
1度だけ就職して正社員になり、
4年勤めた後で自己都合により退職。

その後はバイトで生活しているということ。

会社を辞めた理由はシステムエンジニアとして
毎日終電近くまで仕事をしなくてはならず、
30代や40代になってからの将来が見えなかったということ。



D氏の話を聞いていると、
高学歴というほどではないにしてもそこそこの有名大学を出ているし、
仕事を探せばそれなりに正社員の職もあったのだろうと思う。

ただ、一生続けられる仕事が見つかる気がしなくなって、
気楽ということでいったんフリーターになったら
抜け出す気力がなくなったという。

もう30歳なので将来のことを考えると
フリーターのままでは不安があるものの、
大卒と言っても職歴に空白期間がある上、
そもそも正社員になっても一生安泰というわけでもない。


結局、これからどうすればいいか分からず、
ただ年収も月収も安定しない状況は改善したいという話。


東大や京大をはじめとした高学歴の大卒のフリーターも
増えていると聞いてはいた。

ただ、私の身の回りにはいないし、
そもそも私自身がそうした職場と無関係なので
いまいち実感はなかったものの、
D氏の卒業した学校も有名校。

高学歴を持て余している人が多いという事実を、
まさに体現している存在なのだろう。



そしてD氏がしきりに口にしていたのは、
将来を安定させたいということ。

今のままでは月収が増えるわけでもなく、
バイト先を変えるたびにリセットされてしまう。

正社員ほど安定した立場なわけでもないので、
自分が辞める意思を持たなくてもクビを切られることもある。


事実、コンビニのバイトをしていた時には、
近くに競合店ができてコストカットをしなくてはならなくなり、
バイトが4人切られたらしい。

その中の1人がD氏。

それは将来も不安になるだろう。


他に新作ゲームのバグをチェックする仕事も、
予定より早く切り上げられた経験があるという。

これはプロジェクトに変更があったため、
関係者全員が対象ということだった。



大卒だし30歳なら探せば正社員の職は見つかりそうだが、
それが安定に続いているかというと疑問が残る。

結局、その道に希望を見出せなかったからこそ、
彼もフリーターになったわけだし。

そう考えると、
結局は自分で稼いで生きていく力を身につけることが
もっとも安定する道ではないかという話をした。

誰かに頼っている時点で不安定になるわけなので、
他人への依存度を下げて自力で生活していくことが
最終的には安定につながる。


世の中の一般論ではサラリーマンが安泰と言われるが、
それは昭和の時代のイメージの名残り。

現実を見る限り、もうそんな時代ではない。



これからも大卒のフリーターは増えていくだろうし、
そうなれば30歳を越えたら扱いづらさだけが目についていく。

若い人の方が指導する側も楽だし。

そうなると、このままでは彼の言うとおり
将来の見通しは厳しい。

年齡が上がれば月収が増えるといった制度もないわけだし。



幸い、彼はバイトしかしていないので時間はある。

一人暮らしの部屋にもテレビはないものの
デスクトップのパソコンはあるらしいし、
そこから始めたらいいのではないかと。

空き時間を使ってスタートしてみて、
結果を受けて方向を修正していくことができる。



フリーターのメリットは勤務時間を
ある程度調整できること。

自分で稼げるようになってきたら、
徐々にバイトに入る時間を減らしていけばいい。

そうすればスムーズにフリーターから自力で稼ぐ側に
立場を変えていくことができる。


サラリーマンだとこうした融通は利かないので、
この部分は大きなメリットになる。



D氏も30歳なので私と年齡は近いし、
他にも海外生活のことや昔見た映画の話も盛り上がった。

今後の方向性は見えてきたようなので、
後は行動を続けることができれば成功するのだろう。

今でも生活に余裕がある月収ではないようだし、
かなり頑張ってフィリピンまで来たようなので
背水の陣の部分はあると思う。

ここで投げ出すことをしなければ、
彼の人生も大きく変わるはず。



そうなった時の報告も楽しみに待っていたいと思う。

30代になるとフリーターもバイトを見つけるのが難しいらしいが、
それを体験する前に今の生活から抜けだしてもらえればと。





【追記】
先日、D氏から連絡が来た。

まだ生計を立てられるレベルにはなっていないものの、
徐々に自分でお金を稼ぐ感覚が身についてきたらしい。

このままフリーターをやっているのが馬鹿らしいというのは、
彼も理解しているところ。



ここで続けられるかどうかで将来が変 わるが、
小さな結果が出始めているので
モチベーションは続きやすくなったはず。

それまでに挫折してしまう人が圧倒的多数なので。


ということで、
D氏が今後どのようになっていくのか、
私としても楽しみになってきた。



大卒であることが武器にならない時代には、
自力で稼ぐ力があるかどうかが鍵になる。

私も一応大学は出ているが、もはや関係ない。

そもそも履歴書を書いたりするわけでもないので。


重要なのは個人としての力。

そんな時代がやって来た。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ