バンコクのディアライフの不動産情報を見てみた


バンコクの不動産情報を見ていてディアライフという会社の
ホームページを見る機会があった。

売買ではなく賃貸だったのだが、
どのくらいの相場で貸し出しているのか気になったので、
ひとまず内容を確認してみることに。



バンコクで駐在員と働くTeruの話では、
5万円でジム・プール・サウナ・浴槽付きの
コンドミニアムに住めることは聞いていた。

それに比べると、
ディアライフのトップページに載っている物件は
軒並み高額。

日本人向けの不動産屋なら高級物件しか扱わないとか、
そういうことも十分にありえる。

日本円で20万円ぐらいの物件も普通に掲載されていた。



仕方ないかと思ったが、一部には安めの物件も。

また、ディアライフはバンコクの地図の上で
コンドミニアムを検索できるようにしている。

Google mapを使っているのだが、
これがかなり見やすい。



簡単にそれぞれの物件の賃料を確認できるし、
地域ごとの相場をつかみやすい。



海外の不動産屋というと、
とにかく実際に行かないと説明されないとか、
多くても両手で数えられる程度の物件の情報しか
得られないということも多い。

バンコクの場合は日本人居住者の数も多く、
日本人向け不動産屋も多いためか
ディアライフのようにかなり親切な取り組みをしているところも。

あくまでホームページで情報が得られるというだけで、
実際に部屋を借りたわけではないので
その後のサポートについては知らないが、
ひとまず好感を持った。



新興国で部屋を借りるときには、
予算を聞かれてもかなり困る。

こちらが提示した額の部屋しか見せてもらえないし、
ギリギリ出せる金額までいかなくても
暮らすのに十分だったりする。


そのため、それぞれの予算でどの程度のグレードの部屋なのか
見当がつかないとかなり困る。

そういった意味では、
まずエリアごとの相場がつかめるのはかなり助かる。


ディアライフのバンコクの物件の地図は、
この用途にもかなり使えるのではないかと。


土地勘がないと、ピンとは来ないが、
さすがにそれは仕方ない。



個人的にもバンコクは移住先候補の1つとして
以前から考えていた。

30代の私にはリタイアメントビザが取れず、
結局は断念した経緯があるものの、
いずれ住むこともありそうな街。


タイの居心地の良さは何度も足を運んで実感しているし、
アユタヤには不動産も購入した。

バンコクの場合は投資目的として考えた時に、
すでに値上がりしすぎているのと
賃料がついてきていない感がある。

コンドミニアムが供給過剰になっているので、
こちらは物件をうかつに買う訳にはいかない。


逆に言えば、家賃を払って借りる側としては
かなりおいしい状況ではないかと分析している。



そういえば、
ディアライフの先ほどの地図の中には
2万バーツ程度のコンドミニアムもあった。

しかし、問い合わせフォームを見ると最低価格が
3万バーツ以上。


よく見ると、
取り扱いが3万バーツ以上の物件に
限定していると明記されている。

なぜかトップページに
2万バーツ台の物件があるのは謎だが・・・。



ディアライフが外国人向けのそれなりの物件のみを扱っているのか、
ただ単に賃料を上乗せしているだけなのかは不明。

日本人向け業者の場合、
ローカルの不動産屋よりはどうしても高額になる。

日本人社員の方がタイ人よりも人件費が高いので。


日本語を話せるタイ人スタッフを雇うにも、
当然普通のタイ人よりは高給取り。

その分が賃料に反映されるのは仕方ない。

それだけの付加価値も付いているわけだし。



ただ、それが適性な範囲内なのかどうかは
実際にバンコクで物件を見てみないと分からない。

ディアライフはホームページを見ただけなので、
詳しいことは不明。


タイに移住する機会があれば、
候補の1つとして検討したい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ