フィリピンデベロッパー事業への投資から初配当が




フィリピンではコンドミニアムも購入したが、
他にデベロッパー事業への投資もしている。

理由は単純で、
フィリピンのように人口ピラミッドがきれいで、
経済が成長している国においては
デベロッパーは破格に儲かるビジネスだから。

これは高度経済成長時代の日本でも同じこと。



では、私自身が現地でデベロッパーを立ち上げ、
やっていけるかというとハードルは高い。

今のビジネスを完全に止めて埋没するぐらいのつもりじゃないと
話にならない業種ということになる。


役所とのコネもないとやっていけないし、
関係する会社とのコネも作らなくてはいけない。

そもそも外国人というだけで不利になる。


いくらチャンスだとは言っても、
自分でそこまでしたくはない。

当然ながら、資金の問題もある。

フィリピンの場合、
建築前にプレビルドという形で販売を行い、
その資金によって建物を建築していくことができるが、
デベロッパーを立ち上げるならそれなりに初期投資は要る。



わざわざそこまでのリスクを取り、
苦労が確実視される道を歩んでいきたいとは思わない。

巨万の富をつかみたいとか、
一生かかっても使い切れない財産を作りたいわけでもないし。


それよりは、自分のビジネスを今のまま続けつつ、
事業投資という形でチャンスを活用する方が
私にとって魅力的だった。

そのため、マニラにてフィリピン人向けに活動している
デベロッパーへの事業投資を行った。

主にOFW、つまりフィリピン国外に出稼ぎに出ている人が
対象となっている不動産を扱っている会社で、
マカティやグローバルシティーのような一等地ではなく、
マニラの他のエリアやマニラ周辺が対象となる。


そのため、外国人向けのコンドミニアムとは
違った性質の収益源を得ることができた。



そして、その配当がついに来月に入ってくることに。

この案件では初回の配当となる。



フィリピンは投資修行のために
わざわざ移住してしまったほど注目している。

明らかに多くのチャンスを秘めているので、
このタイミングを逃したくないと思っていたが、
このデベロッパー事業案件も実を結び始めた。



仕込みの時期から収穫のフェーズに移り、
ますます面白いことになっていきそうな予感がする。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ