タイランドイージーアクセスの価値を海外居住者が検証




以前から繰り返しバンコクを訪れ、移住したい町の一つだった。

そんな折、タイランドイージーアクセスが取得可能になったという話を聞き、さっそく条件を調べてみることにした。

この制度はもともと、エリートカードの準会員として設定されており、エリートカードは一度販売を終了していたので、それ以降はタイに移住しようとしても、リタイアメントビザが取れる50歳という年齢を下回っている場合には、かなり難しいのが現実だった。

私の知人の中でも、バンコクやプーケットに移住した人がいるが、彼らは現地で起業をしているか、駐在員として派遣されてきたか、あるいは現地就職をしたかの3つのパターンがあり、私のようにビジネスは自分で持っていて、特にタイの中で事業するというわけではない場合に、適用されるようなビザは存在しなかった。

その為、フィリピンやマレーシアといった東南アジアの国に住み、度々バンコクやプーケット、ウドンタニ、アユタヤといった町を訪れていっても、この国で生活するというのは、困難だったというのがこれまでの経緯。

しかしながらこのイージーアクセスを取得することによって、5年の数次入国ビザを取得することができるので、途中で入出国したりすることも含めて、タイで生活をすることが可能になる。

例えば、最初はバンコクに住んで、飽きたらチェンマイに移動をして、そこからまたプーケットで別のコンドミニアムを借りて、暮らすということも可能ということに。

ちなみハードルとしては、まず50万バーツを払うことになるので、こちらがだいたい日本円にすると180万円ほどになる。

それ以外の要件としては、年齢制限として20歳以上であること。

そして、タイ以外の国のパスポートを持っていること。

当然ながら日本人であれば、この条件はクリアしている。

そして過去に破産宣告をしていないことと、精神障害を発症していないこと。

そして、無犯罪であること。

これらは全て条件を満たしているので、お金さえ支払えば、数日間でタイランドイージーアクセスを取得することは可能。

サポート会社に問い合わせてみたところ、無犯罪証明、正式には警察証明書という書類は、現在のところ不要だという。

私が以前に フィリピンで永住権を取得する際に、マニラ大使館を通じて、無犯罪証明を取り寄せた時には、2ヶ月以上かかった。

マレーシアでリタイアメントビザを取る時にも、日本領事館を通じて取得したのだが、こちらは約3ヶ月かかり、手続きにかなりの遅れをきたすことになった。

日本居住者の人であれば、直接日本の警察所に行くことによって、数日間で取得することはできるが、海外居住だとわざわざ書類を取りに行くのに、日本まで足を運ぶのも面倒なので、それは避けたいが、かと言って日本大使館や領事館を通じて取得となると、2ヶ月や3ヶ月はかかるので、この無犯罪証明が不要というのは、タイランドイージーアクセスを取得する上で、個人的には大きな朗報だった。


エリートカードよりも安定感がある

このタイランドイージーアクセスという仕組みは、あくまでもエリートカードの準会員ということで、どちらかと言えばおまけのような扱いとなっている。

エリートカードが存続期間20年なのに対して、イージーアクセスは5年間。

つまり、ピッタリ1/4になっているが、取得費用もそれぞれ200万バーツと50万バーツということで、きっちりと1/4となっている。

もっともエリートカードには、年会費として2万バーツがかかるわけなので、この点に関してはイージーアクセスの方がお得感がある一方で、特典としてエリートカードの場合であったら、1年に24回までゴルフ場で無料ラウンドを楽しめるとか、あるいは特定の提携先のスパを、同じく24回まで利用できるということがある。

単純計算で、月に2回こういった仕組みを使えるということ。

つまりゴルフやスパをよく使うような人であれば、こういった特典によって、毎年の年会費分のコストは十分にまかなえることになるし、逆に全くゴルフをやらないというような場合であれば、これらの特典というのは、全く無意味ということになる。

特典があるからそれを消化するために、わざわざやりたくもないゴルフをやるとか、年中炎天下のタイの昼間にゴルフのラウンドをするというのも、本末転倒な話。

また、タイランドイージーアクセスもエリートカードも共通で、空港でのVIP待遇を受けることができ、イミグレで優先的に手続きをしてもらえるということは変わらない。

個人的にはこの部分が一番重要な特典だと感じているので、そういった意味ではどちらも大差ないように思う。

但し、タイというのは、平和でのんびりとした国である一方、政権はかなり不安定な国として知られている。

政権を担う政党が変わるぐらいであれば、多くの国で普通に起こっていることなので、それほど問題ではないが、軍がクーデターを起こしたりもする国なので、そういった意味でエリートカードやイージーアクセスの制度が、ちゃんと未来に渡って期限いっぱいまで効力が持続するのかどうかということについては、確証を得ることはできない。

その中で、20年分の料金をまとめて払わなければいけないエリートカードに比べて、5年間という期間限定のイージーアクセスの方が、恙なく最後まで期限を迎えることができる確立は高くなるはず。

更に言うと、イージーアクセスを最初に取得しておいて、エリートカードとの差額である150万バーツを支払うことで、途中からアップグレードすることも可能なので、そう考えてみると、イージーアクセスの方がエリートカードよりも、個人的には圧倒的に有意であると判断している。


リタイアメントビザと比較した場合

タイに移住したいという場合には、50歳以上であれば、リタイアメントビザを取って、現地で生活をする方法がある。

いくつか要件があるが、メインとなっているのは、50歳以上であるということと、後は80万バーツ以上の預金をタイの銀行に預けること。

あるいは、一定額以上の年金等の収入があること。

が、挙げられる。

この一定額の収入というのは、毎月6万5千バーツなので、日本円にするとだいたい23万円ぐらい。

対して、国内への預金である80万バーツというのが、280万円ぐらいになるので、海外で暮らすということを考えれば、世界最安値水準といっても過言ではない。

当たり前の話だが、お金を持っていない外国人が移住してくるというのは、どの国にとっても迷惑な話。

特にリタイアメント層というのは、基本的に仕事においてその国に貢献するということもないわけだし、困窮法人を抱えて、人権上困るというのも、当然受け入れ先の国としては有り難くない。

また、困窮層を受け入れることによって、不法就労や犯罪の種にもなりかねないので、ある程度の資産、もしくは収入があるということを要求するというのは、当然のことだが、300万円未満の銀行預金でそれが実現できるというのは、非常にハードルの低い話。

これは近隣諸国のマレーシアやフィリピンと比べても言えることで、タイのリタイアメントビザというのは、非常に恵まれた条件であると言える。

そうなってくると、エリートカードやイージーアクセスに比べ、リタイアメントビザの場合、相当ハードルは低い。

イージーアクセスの場合は、取得に50万バーツなので、リタイアメントビザで認められる国内預金の80万バーツよりも、金額そのものは小さくなるが、イージーアクセスの場合は、払いきりで50万バーツを支出するのに対して、リタイアメントビザの場合は、あくまでも国内預金ということで、自分の資産が残るわけなので、この点が大きく異なる。

ということは、例えば48歳の人であれば、2年まではリタイアメントビザを取れるので、そのタイミングまでは別の国に住んでみるとか、そういった選択肢もありだと思う。

逆に、すぐにタイに移住して生活をしたくて、尚且つ45歳未満であるということであれば、イージーアクセスを取得し、5年間のタイ暮らしを満喫するのも一つの手。

個人的にはフィリピンの永住権や、マレーシアのリタイアメントビザを取得したこともあり、あまりむやみに色々な国のビザを取りたいと思ってはいないし、むしろその点については、慎重にはなっているものの、タイというのは、昔から移住先として注目していた国なので、道が開けたことについては、興味を持たざるを得ない。

そして、この記事を書いている今現在も、バンコクに滞在してすでに20日ほど。

現在はノービザで入国しているので、30日以内には出国をしなければいけないという制限があり、これに対してはかなり不便を感じている。

イージーアクセスを取得することによって、この点が解消されるので、どうしようか迷っているところ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ