バンコクのエンポリアムで書店めぐり


バンコクのプロンポン駅直結しているショッピングモールとして、エンポリアムと言うところがある。

こちらはバンコクの中でもかなり高級な位置づけということになって、ターミナル21のような大衆向けのところとは若干、毛色が違っている。

またこのエリアというのは日本人が多く住んでいるため、店内を歩いていると必ず日本語が聞こえてくるというのも一つの特徴。

実際、この中には日本食レストランというのも入っている。

今日はそこで、書店を幾つか見て回った。

バンコクでよく見る書店であるアジアブックスも入っているが、ここは英語の本しか取り扱っていないので中はちらっと見るだけにしてすぐに出て、それから紀伊國屋へ行った。

こちらは同じフロアにあってすぐ目につくところにあるのだが、残念ながら日本語の書籍は置いていない。

バンコクには確か3つか4つ紀伊國屋書店があって、その中でも日本語の書籍が置いてあるのはわずかに一店舗だけ。

これは伊勢丹の中に入っている紀伊國屋で、このエンポリアムの中の書店というのは残念ながら英語の本だけということだった。

そして最後の一つ東京堂書店と言うところにも行ってきたが、こちらはなかなか見つからずに、しばらくうろうろしてようやく目立たない位置に見つけることが出来た。

非常に小さな書店であるということと、あまり人が入っていないということ、更に言うと陳列等がいまいちパッとしていないということで、どこか繁盛していない印象を受けてしまった。

日本でも個人経営の書店で、どことなくいまいちな感じがするというか陰気な感じがしてしまうという書店というのはあるが、そんなイメージを受けてしまった。

とは言え、3つの書店のうちここだけが日本語の書籍を取り扱っている店になるし、寧ろこの店に関しては日本語の書籍のみを取り扱っているので、ここでしばらく本を見ながらブラブラすることにした。

やはり本屋というのは落ち着く場所で海外にいると普段、触れることが出来ないだけに尚更そこでの時間というのが貴重に思えてくる。

とは言え立ち読みだけで一冊丸々読める訳ではないし、結局のところつまみ読みくらいしか出来ないので、そこまで役に立っているわけではないものの、やはり紙の本を手に取って眺める行為というのはどこか心を落ち着かせる作用があるというか、時間をかみしめているような感覚になる。

東京堂書店については、雑誌はビニールカバーが付けられているので中身を見ることは出来ない。

しかしながら、表紙の目次であるとか、キャッチコピーを見るだけでも時代性というのはある程度見ることは出来るので、そこら辺はかなり貴重な機会となる。

しかしながら、さすがに女性誌をマジマジと見続けているというのは若干恥ずかしいので、そこら辺はなかなか落ち着かないところではある。

本来的に言うと年齢とか性別別に色々な雑誌を見ていった方がそれぞれの傾向というのが読めて良いものの、そこまでやっているというのも大変だし、変な目で見られるというのもあるので、ほどほどにして後は文庫本等を手に取りながら時間をつぶすことにした。

その後最上階に上ってジェラートを買って、エンポリアムのソファーに座って食べてから次の目的地に向かうことにした。


ページの先頭へ