世界一周旅行の終わりが見えてきた




もう明日にはフランクフルトを飛び立って、ヨーロッパから離れることになる。

その後は、カナダとアメリカを1ヶ月ほどかけて回ったあと、マニラに戻りそこで一応世界一周旅行が終了ということになる。

その後も別に何が変わるというわけでもなく、ホテル暮らしなのはそのままなので、私自身にとっては特に大きな出来事ではないものの、一応これで一区切りということになる。

最初は無期限だったので、かなり長くなるのではないかという思いもあったが、中南米に行くのを取りやめたこともあり、結局は半年ちょっとで終了ということになった。

3月から始まって、11月に終わる予定なので、実質8ヶ月ほどということになる。

そう考えると1年以内に終わったし、結局は2014年中には終了するという見通しなので、当初の見込みよりはだいぶ短く済んだ感じ。

とは言っても、それによって定住生活が再開されるとか、そういったことでもないので、世界一周が終わったからといってどうということはない。

更に言えば、世界2周目に入るということも可能ではあるものの、当面はやめておこうと思う。

無駄な宣言をするということは、それだけ自分の言葉に束縛されることになるわけだし、今後は当面アジアと東欧を中心にした生活を営んでいく予定でいるので、あえてアメリカ大陸に頻繁にいかなければいけないような状況を作ることもない。

とは言っても、今回南米に行くことができなかったので、そのリベンジという意味も込めて、またそう遠くない未来にアメリカ大陸にはやってくる予定。

そして直接南米に行く便というのは、基本的にないようなので、結果としてはアメリカもしくはカナダを経由して到着することになる。

そういった意味で言うと、北米も結局は中継することになるので、その時にまた滞在することもあるだろうし、決定的に縁が切れるわけではない。

単純な話として、物価の高い国というのは、当面住む場所としては適していないし、アメリカやカナダというのは、ある程度自分の未来を見る上で、視察をする町という位置づけになる。

それに対して、東欧であるとか、あるいは東南アジアというのは、実際に滞在をして生活を営む場所という位置づけになっているので、両者のポジショニングというのは全く違う。

今フランクフルトにいて、この町もそれなりに生活しやすそうであるということは感じているものの、物価の高さも実感しているので、当面は移動の際の中継地点であるとか、経由地点という位置づけになって、目的地としてはやはり、東欧の国々の方が適しているという感覚がある。

あるいはポーランドなども同様に、長期滞在をするにも向いているので、そこら辺を季節を見ながら使い分けていければ一番いいのではないかというのが、現状で考察しているところ。

世界一周というわかりやすい目標を達成することはどうやらできそうだし、それはそれで通過点としてはよかったのではないかという気がする。

その経験によって、何かを得るであるとか、何かの悟りに達するとか、そんなことは当然あるはずもないし、求めるべくもないが、そんな出来事もあったという経験としてはそれはそれで意味があるように感じる。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ