ヨーロッパへの不動産投資が進まない理由




日本において、海外不動産投資というと、真っ先に浮かぶのが東南アジアや中国で、それ以外だとアメリカやカナダのような北米、ニュージーランド、オーストラリアといったオセアニアをイメージする人は多いと思いし、実際に物件を購入した人の話を聞いても、ヨーロッパではなく、これらの3つの地域のどこかに該当することはほとんど。

確かに、中国や東南アジアは、一時期急成長を遂げていたし、物件価格もどんどん上がっていた。

しかしながら、中国はもう数年前から、東南アジアもこの2年ほどは、価格が上がりすぎてしまっていて、買い時とは言えない状態にまで高騰している。

実際私は、フィリピンのマカティや、マレーシアのジョホールバルといった注目されているエリアに、合計3年ほど住んでみたが、なかなか厳しい現実が待っているという感想を抱いた。

マレーシアに関しては、外れ物件も多いし、フィリピンにしてもあるいはそれ以外のタイやインドネシアにしても、もうすでに安値で買って、高く売却したり、あるいは家賃でローンを返済したりできるようなレベルではないところまで、不動産価格は上がっている。

投資家として考えてみると、かなり厳しい。

では、ヨーロッパはどうかということで、目を転じてみると、国によっては非常に価格が高いところもあるし、そうでないところもある。

例えば、東欧諸国であれば、平米単価で見ても、一部の東南アジアの国よりも、かえって割安感が出ていたりして、居住環境との兼ね合いということで考えてみると、かなり有望に思えることもある。

更に言えば、賃貸利回りも、町によってはかなりよく、そういった意味で言うと、ヨーロッパへの不動産投資も、もっと活発になってもいいのではないかという風に感じることがある。

しかしながら、日本人の間でこういった話題が出ないのは、不思議な話ではない。

ビザのからみでもそうだが、ヨーロッパというのは、多くの国が集まっていて、基本的に言語もそれぞれに異なる。

イギリスやドイツのような、ある程度マーケットの大きいところであればともかく、それ以外の国は、個別に不動産会社が進出をして、現地に根を張った形でしっかりとしたサポートをするような体制を作ったところで、日本人顧客向けのマーケットを、十分な大きさに育てることは難しい。

そういったこともあって、日本語での情報提供や、サポートというのが、非常に乏しいというのが、ヨーロッパの不動産投資が、なかなか活発にならない理由の一つ。

日本人にとっては、どうしても縁遠いものとしてうつってしまう。

もちろんそれ以外のエリアからは、お金が流入しているし、特にロシアや中国のように、ビザを求めて不動産を購入するという動きも、近年は強まっている。

不動産購入でビザが取れる国も

例えばスペインやポルトガルの場合、50万ユーロ以上の不動産購入を条件に、ビザを取得することができる制度を設けている。

これは昔からずっと続いているようなものではなくて、両国が経済危機に陥ったことで、外国から資金を獲得したいという思惑で、設置したもの。

逆に言うと、経済状態が上向いた段階で、新規のビザの発行は、足止めになる可能性が十分にある。

あくまでも一時的な臨時の措置であって、恒久的なものではないという認識が必要になる。

しかしながら、50万ユーロということであれば、約7千万円になるので、決して安い価格ではないし、購入できる層は限られているものの、ロシアや中国の富裕層で、国外脱出をはかっている人であれば、非常に魅力的な選択肢ということになる。

日本人であればヨーロッパに行く時に、ビザ無しで90日まで滞在できるが、そういった権利を持っていない中国等の国では、ヨーロッパに堂々と住める権利を確保するということは、とても魅力的に映るのは当然のこと。

国外に資産を逃がすという意味でも、彼らにとって、このメリットは大きく、スペインやポルトガル以外にも、ラトビアやギリシャ等の国が、やはり不動産投資によって、ビザを出すという制度を設けている。

他にもヨーロッパであれば、ハンガリーが不動産ではなく、国債に投資をすれば永住権を出すといった仕組みも作っていたりと、実を言うと、一時的にヨーロッパのビザはかなり取りやすい状況にある。

しかしながら不動産以上に、ビザのサポート業者の状態というのは、日本人にとっては不利なものになっている。

日経の業者に絞って、調べてみたところ、やはり有力な業者は、一つもないというのが、私がリサーチをした限りでの感想。

こうなってくると、ビザとセットになっている不動産投資をすることによって、より良い居住環境を得るというのは、かなりハードルが高くなってしまう。

どうしても日本とは、距離もあるので、片道10時間以上のフライトを経ないと、現地に行く事もできないし、得られる情報も限られているとなると、正しい判断を下すのは難しい。

まして、50万ユーロ以上の価格ということになると、非常にハードルは高く、適当な気持ちでお金を出すこともできないので、やはり二の足を踏んでしまうというのが実際のところ。

こうしたことを考えてみると、ヨーロッパの不動産投資というのは、非常に魅力がある一方で、情報不足が原因で、なかなか実行には移せないところがあるというのが、現実ということになるだろう。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ