ヨーロッパのベストシーズンは夏ではない




一般的な解釈として、ヨーロッパのベストシーズンは、7月から8月といった夏ということになっている。

この時期は、旅行者が増えるシーズンとなっていて、ヨーロッパのバカンスの観光客も、各国に押し寄せるタイミングとなっている。

私自身も、こういった時期にイングランドやアイルランド、そしてポルトガルやスペイン、更に東欧などを訪れてみたこともあるし、それ以外にも、冬や春、秋といった様々な季節にヨーロッパ各国を訪れたが、ベストシーズンが夏なのかと問われると、かなり疑問がある。

まず一つ目の理由は、国によって非常に気温が高くなり、町歩きには適さないこと。

例えば、7月に行ったポルトガルの場合、気温が30度を越えることもしばしばなので、東南アジアから飛んだ私としても、とても長い時間歩き回れるような気温ではなかった。

私の場合は、それ以前にフィリピンで暮らしていたが、フィリピン生活においては、外を長々と歩くということは基本的にはない。

それに対して、ポルトガルを縦断した時には、初めての町もいくつかあったので、コインブラやポルトのような大きな町の場合、どうしても観光のためにいろいろと動き回ることになり、体力をかなり消耗し、もっと涼しい時期の方がよかったと感じた。

更に言うと、日差しも非常に強いので目が痛く、サングラスをしてしまうと、肉眼の時と色が違ってしまうので、それはそれで残念という問題があった。

ヨーロッパというと、日光に飢えていて、あまり太陽が出ていないというイメージを一部の人は持っているが、それは限られた国だけの話で、そうではないところも多い。

但し、全ての国において、夏がベストシーズンではないのかというとそうでもなく、例えばアイルランドに行った時には、7月の半ばであっても、雨が降ると1日の最高気温が15度程度になる。

晴れた日でも、長袖のシャツを着ていて丁度いいか、やや肌寒いくらいなので、ダブリンや北部にあるベルファースト、あるいは西部にあるゴールウェイなどの町を回るのであれば、できるだけハイシーズンの方がいいかもしれない。

但し、7月8月のアイルランドは、直前になってホテルを取ろうとしても、かなり難しく、予約サイトを見ても、あるいは飛び込みで空いている部屋を探そうとしても、かなり苦労することになるので、この点は注意が必要。

当然ながら、ハイシーズンにおいては、ホテル代にしろ、航空券にしろ、料金が上がるし、予約を取るのも大変なので、そういった意味でも、多くの人がベストシーズンと思って行動するこのタイミングというのは、実は旅行者にとってかなり悩みどころでもある。

夜景が見られない時期も

夏がベストシーズンではないのなら、春や秋に訪れたいと思う人もいると思う。

しかしながら、ここでも注意してほしいのは、春と秋では決定的に事情が違うところがあるということ。

今回はヨーロッパの中でも、東欧を例に出したいが、例えばチェコやハンガリー、ポーランドといった国の場合、5月や6月になると、夜9時頃にようやく日没になるとか、あるいは夕日が見えるぐらいの時間となる。

つまり完全に陽が落ちるには、10時とかあるいはそれ以降まで待たなければいけないということになる。

チェコのプラハや、ハンガリーのブダペストは、夜景が美しい町としても知られているし、ブダペストのゲッレールトの丘から見渡す夜景は、とても有名。

あるいは、プラハ城から一望する夜景についても、多くの人が憧れとして口にするが、こういったものを見るには、相当遅い時間まで町中にいなければならず、なかなか夜景とは遭遇することができなくなる。

つまり春の中でも、夏に近い季節になってくると、どうしても夜景が少なくなってしまう。

逆に言うと明るい時間帯が長くなるので、それだけ暗闇の中を歩くような機会というのは減るし、安心して歩けるというメリットはある。

更に言えば、陽が長いということで、かえtアクティブに行動できて、都合がいいと思う人もいるはずなので、そこら辺は事情に応じて考えていただければと思う。

7時とか8時とか、普通の時間帯に夜景を楽しみたいのであれば、10月ぐらいに行った方が、そのニーズには答えてくれるので、基本的にヨーロッパの夜景は、春よりも秋の方が簡単に見ることができる。

寒くないクリスマスを過ごしたいなら

ヨーロッパでクリスマスを過ごしてみたいと思う人も多いはず。

一般的に言うベストシーズンとは少々違うが、ドイツでクリスマスを迎えてみたいとか、そういった話というのはよく聞く。

しかしながらその一方で、ヨーロッパの冬というのは、多くの国において、東京よりも寒い。

実際私も、真冬にヨーロッパの国を10何ヶ国回ったことがあるが、基本的に寒さが厳しかった。

真冬の東京から、全く同じ格好で行ったにもかかわらず、ロンドンでは寒さで震えていたし、基本的にどの町でも、あまり外ばかり歩いていたくはなかった。

しかしながら、その中でも比較的温暖だったのがポルトガル。

そこまで緯度が低いわけでもないが、西側あら暖かい大西洋からの風がやってくるということで、セーター1枚分ぐらいの違いは出る。

ということで、ポルトガルのリスボンであるとか、ポルトとか、そういった町であれば、ヨーロッパにしては比較的暖かいクリスマスを過ごすことができる。

但し、リスボンで私がクリスマスイブとクリスマス当日を迎えた時には、町中にほとんど人がいなくなり、ちょっとしたゴーストタウンのような不気味さすらも漂っていた。

もちろんそれまでは、イルミネーションが綺麗であったり、町の中心部ではちょっとしたイベントが催されたりしていて、とても賑やかでよかったのだが、当日はむしろ町は閑散としているので、その点は注意が必要。

そういった意味で、私がリスボンでクリスマスを過ごしていて、唯一クリスマスらしいと感じたのは、ホテルの人がケーキを用意してくれたこと。

全くの不意打ちだったので、あの出来事は感動したし、今でもハッキリ心に残っている。

後日リスボンを訪れた時も、あえてそのホテルを予約して、再び宿泊したほど。

ヨーロッパのクリスマスシーズンに向けてのイルミネーションについては、11月頃から本格化していくので、クリスマス当日だけではなくて、1ヶ月以上前からその雰囲気を楽しむことができる。

これはこれである意味で、ベストシーズンなのかもしれない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ