ヨーロッパのアパートメントの家賃が東南アジアより安い!?




これまでフィリピンの首都マニラの中でも、中心部にあたるマカティにコンドミニアムに住んで借りたり、マレーシアで2年間2つのコンドミニアムに住んだり、バンコクやジャカルタで、不動産の視察をしたりしてきたが、ヨーロッパのアパートメントの方が、場合によっては家賃が安い場合もあるということに気付いた。

これは、明らかに条件が悪くて、金額が下がっているというわけではない。

例えば、東南アジアで3LDKの部屋と、ヨーロッパでワンルームの部屋を比べて、そっちの方が安いと言っているわけではなくて、同じ程度の広さ、更に言えば同じぐらいの内装のレベルであっても、価格が逆転している場合があるというのが、面白い発見だった。

一般的にヨーロッパの物価というと、北欧やスイス、イギリス等を中心として、かなり割高なイメージがある。

その一方東南アジアと言えば、新興国ばかりで、物価が安そうだが、実際のところは東南アジアも物価が上がってきて、外国人が普通に暮らすのであれば、かなり金額がかかるようになってきている。

例えば、私が以前住んでいたマカティやバンコク、ジャカルタといった場所の中心部に住むのであれば、ワンルームのコンドミニアムであっても、安いところで5万円ぐらいから。

比較的新しくて綺麗なところであれば、7〜8万円は当たり前にする。

これが1LDKということになると、安いところで8万円程度からということになる。

しかしながら先日、見てきたハンガリーのアパートメントの場合、同じぐらいのクオリティで、更に去年できたばかりの建物にもかかわらず、1LDKで6万ユーロ、約8万円で借りられるということだった。

内装のレベルも両者変わらないので、これであればハンガリーの方がむしろ価格的には安いのではないかと思う。

何しろこの物件はまだ新築だし、このグレードや中心部から5分程度の距離ということを考えると、バンコク、マニラ、クアラルンプールのような町であっても、10万円程度は最低でもするはず。

そう考えると非常にコストが安い。

更に言うと、コンドミニアムとアパートメントでは、レベルが違うのではないかという感じがすると思うし、確かに日本人の感覚からすると、アパートと聞いた時に、木造で古びていて、昭和の香がするような感じがするかもしれないが、ヨーロッパで言うアパートメントというのは、日本で言うマンションも含んだ概念。

実際私が見てきた物件というのは、日本で言えば完全にマンションに分類されるもの。

こちらでは、マンションと表現した場合に、大邸宅のことを指すので、一般の個人が住めるような部屋というのは、集合住宅だと全てアパートメントで一括りにされる。

そういった意味で、コンドミニアムと比べて、グレードが下がるのかと言えばそんなことはない。

唯一の違いは、東南アジア各国のコンドミニアムにおいては、共有施設が充実しているということ。

例えば、最低限でもプールはあるし、多くの物件でジムやサウナ、更に一部のところでは、読書室やダーツやビリヤード台等も設置されていたりするし、それ以外にもバスケットコートやテニスコート、卓球台等が用意されているところもある。

ハンガリーのアパートメントの場合、そういったものは一切なく、中庭があるだけ。

ここら辺はやはりお国柄が出ていると思う。

しかしながらこの国は、意外にもヨーロッパの良さを反映しているし、東欧的である一方で、パリにもどこか町並みが似ているところもあり、ドナウ川の西側は比較的新しい建物が多く、緑の多い閑静な住宅街になっている。

そしてドナウ川の東側は、大きな観光地もあるし、そこを抜けて行くと、基本的には住宅が密集したエリアとなる。

私が今回見てきたのは、ドナウ川の東側のエリアとなる。

地下鉄駅で言うと、カルビンター駅の近く。

利便性はかなり高めのエリアということになる。

もちろんロンドンやパリのような家賃の高いところであれば、東南アジアに滞在するよりも、遥かにコストはかかる。

それは事実である一方で、ヨーロッパの中でも、むしろ生活コストが東南アジアの一等地よりも下がっていたり、あるいはほぼ同じぐらいであったり、するエリアがあるというのも、面白いところ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ