フィンランド移住の価値を海外居住者として考えてみる




森と湖の国とか、ムーミンのふるさととして、語られることの多いフィンランドだが、移住先としてもとても魅力的な場所と言える。

北欧の例にもれず、自然が豊かで、なおかつ人々の生活の質が、非常に高いということが魅力的だし、それ以外にもデザインであるとか、観光とか、そういった分野においては、今でも世界を魅了するところが非常に大きい。

仮に、フィンランドに移住するのであれば、首都であるヘルシンキがもっとも可能性としては高いということになるが、こちらは、大都会があるわけではなくて、こじんまりとした町となっている。

というのも、人口で言っても、約60万人程度ということになり、かなりコンパクトな印象がある。

例えば、アジアの大都会であるバンコクであるとか、マニラとか、そういったところよりも、はるかに希望は小さく、落ち着いた雰囲気が流れている。

ヘルシンキの雰囲気というのは、映画のかもめ食堂を見てもらえばある程度想像はできると思う。

ギラギラとした経済主義の町というよりも、のんびりとした長閑な場所という印象が強く、ガンガンにBGMをかけて、営業をしている新興国や、多くの先進国の繁華街とは違い、メヌキ通りの一つであるアレクサンダー通りであっても、ヘルシンキの場合は、だいぶ静かな環境になっている。

東南アジアは、東南アジアで魅力があるが、最近はこういった落ち着いた場所とか、静寂を大事にしている環境とか、そういったものに惹かれるようになってきた。

それがフィンランド移住を考えるようになった理由の一つにもなっている。


ヘルシンキの町の中には、テンペリアウキオ教会という、岩盤をくり抜いて作った現代建築の教会があったりとか、そういった新しい試みをしている一方で、自然が大切にされていたりとか、調和がとても取れている町だと思う。

更に言うと、カンピ礼拝堂という木造建築の教会もあり、こちらは2012年の夏にできたばかりで、非常に新しいものだが、都会にありながらも、静寂を提供できる場所として、音が反響しないように作られた場所。

こういった心を落ち着く場所があるというのも、とても魅力的。


こう語っていくと、フィンランドといえばヘルシンキ以外に、移住先として魅力のある町が存在しないかのようだが、そんなことはなく、例えば、ボルボーというのは、とても美しい町並みの都市だし、トゥルクも選択肢として外せない。

さすがにオーロラを毎日見たいというわけではないし、そもそも私は夜早く寝てしまうので、オーロラを日常的に見られるような生活習慣は持っていないので、サーリセルカのような冬にオーロラ観光で、多くの人が訪れるような町に住む必要はないと思う。

もっともこの町も、夏にはハイキングで賑わうぐらいなので、そういった時期に訪れてみると、面白いのではないかという風には思っている。

緑の中を歩くというのは、とても澄んだ気持ちになるし、体の中から健康になる感じがする。



とは言え、当然ながらフィンランドは冬の寒さが厳しいため、その点が移住においては、かなりネックになってくる。

一年間の気温が大きく変わらないというのが、いかに体にとって楽かをこの3年ほどで思い知ったし、その利便性というのを手放すのは、なかなかに厳しい。

ましていきなり、フィンランドのような寒さの厳しい場所であれば尚更。

ノルウェーやスウェーデンと並んで、フィンランドと言えば、北欧の代表的な国なので、ヨーロッパの中でもとても寒さの厳しいエリアということになる。

雪に閉ざされた町というのも、とても魅力的ではある一方で、生活環境としては、決して甘いところではなく、そういった部分での戸惑いがあるというのも事実。



更に言えば、物価も非常に高く、対感覚的に言うと、だいたい東欧の倍ぐらいする感じがしているので、そういった意味でも資産の形成段階において、フィンランドに移住をして、そこで生活をするというのは、人生の大きな流れからすると、滞りを作ってしまう原因にもなる。

そう考えると、実際にロングステイをしたり、移住をするのはまだかなり先の話で、目先としては東欧であるとか、東南アジアとか、そういったところにまだ目を向けている段階が当面は続く模様。

しかしながら、今後住んでいく場所というのは、常に求めているので、フィンランドについても、引き続き注目していく予定。


なお、この国の北の方になると、白夜と極夜という現象がある。白夜は広く知られている通り、一晩中日が沈まない現象。これは幻想的なだけではなく、夜になっても観光ができたりして、好意的に解釈する人が多い気がする。

ただし、ロンドンやダブリンの夏を経験し、夜10時にようやく暗くなるという現象を目の当たりにして、個人的には白夜は好ましいものではないと思っている。やはり生活リズムが崩れる部分が大きく、夜は暗いほうがいい。

特に寝る時は小さな灯りでも脳を刺激し、睡眠の質を下げるぐらいなので、白夜となると体内時計が狂ったりすることが予想される。

また、極夜はあまり耳にすることのない言葉だが、極夜とは一日中日が昇らない現象で、白夜の逆。フィンランドやノルウェー、スウェーデンの一部のエリアは、冬にまったく太陽が出ない日がある。

これは鬱になりそうな現象で、彼らが南国に行くと過剰なまでに日光浴をしたがる理由も納得できる。

白夜や極夜を旅行中に体験するのは面白そうだが、移住して生活するとなると体調管理やメンタルの管理に悪影響を及ぼすことになるだろう。

食事や治安の面では不安がないフィンランドだが、こういった条件では厳しい部分もある。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ