フランクフルトは久しぶりの大都会




おかしな話ではあるが、新興国の方が歴史のあるヨーロッパの国々よりも、大都市であるという現象が起きている。

例えばマニラやバンコク、クアラルンプールといった町というのは、高層ビルが乱立し、更に言えば市街地であるエリアも、非常に広範囲にわたっている。

人口もとても多く、メトロマニラであれば、1千万人以上という人口が住んでいるので、当然ながらそれだけ住宅等もあるし、狭い場所に住むわけにはいかない。

結果的に広い範囲が高度に開発されているということになる。

それに比べて東欧の国であるとか、ポルトガル等の国というのは、そこまで人口が多いわけではないし、高層ビルに至ってはかなり限られている。

その為結果として、大都会であるという感覚はあまりなく、風景がきれいであるとか、居住環境として自然とのバランスが取れているとか、そういった面で非常に高い評価は下せるものの、現代的であるかどうかという意味で言うと、むしろ東南アジアの新興国の方が上であるという状況がある。

それに対して、フランクフルトというのは、歴史のある街並みもしっかりと残っていながら、新しいビルというのもいくつも乱立していて、それぞれがデザインに凝っていたりするので、かなり面白いことになっている。

しかもその新しいものと古いものがちぐはぐに混ざっているわけではなくて、両方ともうまく調和が取れているし、こちらの川沿いというのは、先進国の例にもれず、非常にきれいに整備されていて、10月の今の段階だと紅葉も美しくなっている。

更に言えば海岸には鴨が生息しているし、先程は鴨に近づいていく子犬がいて、鴨が慌てて飛び立って、川の中に逃げていくという場面もあった。

この川沿いを西の方に歩いて行くと、高級住宅街と思われる場所があり、その辺りというのはおそらく再開発がある程度の規模で行われたようで、非常に整然とした町並みになっている。

かなりきれいな場所なので、ここであれば住んでみたいと思えるほどだった。

逆に、フランクフルトの中央駅から東の方に行くと、非常に雑貨というか都会であってゴミゴミとした町並みになるので、あまりのんびりとした暮らしを送れるという感じがしない。

さらに言えば、そこら辺はかなり空気も悪いので、生活にはイマイチ適していないのではないかと思う。

もっとも東南アジアというのは、もっと空気が悪い場所が多いので、そういった意味で言うと、フランクフルトの中心部であっても、そこまで大気汚染が進んでいるわけではないものの、この南の川沿いの比較的緑が多いところであるとか、あるいはフランクフルトではなく、ニュルンベルクの辺りであるとか、そういったところと比べると、だいぶ交通量も多いので、それに見合って空気も汚れてしまっていると言う感じがした。

そんなこともあって、フランクフルトだと川沿いの辺りが一番落ち着く場所という感じがする。

こういった場所で本を読むとか、そういった時間の使い方をしているだけでも、今の時期であればとても充実した時間を過ごすことができる。

とは言ってもそろそろ冬が近づいてきているので、これ以上寒くなると、屋外でのんびりとするという時間の過ごし方をするのは厳しくなってくるので、あくまでこれからせいぜい1ヶ月であるとか、そのくらいの期間限定の楽しみとなりそう。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ