たまにはフリーペーパーでセブの不動産情報を見てみた




普段はセブの不動産情報というと、現地に住んでいる利点を利用してモデルルームや実際の物件を見たり、あるいはモールに行って販売ブースで話を聞いてみたりすることが多いが、今日はたまたま筑前屋という和食レストランで手に入れたセブナビ桜というフリーペーパーを見ていたら、そこにも不動産の販売情報が掲載されていたので、それを眺めていた。

今までのセブの不動産に対する見方が覆されたり、目からウロコといった情報があるわけではないが、情報がまとめられているのでそれはそれで頭の整理にはなった。



どのような物件が載っているかというと、例えばザ・リーフという物件だと、スタジオタイプが約660万ペソ、こちらは15平米、1ベッドルームだと1160万ペソ程になり、65平米となっている。

マクタン島の南側でビーチ沿いとなっていて、地図で見る限りエリア的にはなかなか良い場所。

シャングリラホテルよりはさらに南西に行った場所に位置していて、実質利回りの保証として5パーセントが設定されている。

5年後にはそれが見直されるらしいので実質的には5年間の保証と考えればいいだろう。

さらに付加価値として、ブラッドピットの邸宅をデザインしたデザイナーを起用しているということも記載されている。

こういった付加価値が無いと、なかなか賃貸付け自体が厳しくなっているので、この点は面白いかもしれない。



サウス・リーフという物件もあり、こちらは34平米のスタジオタイプで430万ペソ。46平米の同じくスタジオタイプだと、970万ペソとなっている。

ここはアバカグループが運営するということで、その点については期待が持てそうな感じがある。

私も以前にアバカホテルは宿泊したが、とても素晴らしい体験ができた。

ちなみにアバカホテルは、このサウス・リーフよりも北東のほうに行ってムーベンピックホテルをさらに先まで行ったところにある。

他のリゾートホテルとは違って、入り口が非常に地味で道が分からないとつい通り過ぎてしまいそうなぐらいに周囲に溶け込んでいた。

このサウス・リーフの場合、年間14泊はオーナーが無料宿泊ができるという特典が付いている。



Lumah(ルマー)というコンドミニアムだと、26平米のスタジオが346万ペソ、52平米のスイートが677万ペソとなっていて、日本法人がプロデュースしているらしい。

32サンソンというコンドミニアムは、33平米のスタジオが約400万ペソ、82平米の2ベッドルームが106万ペソとなっている。

こちらはデベロッパーとしてロックエルランドが手掛けており、ITパークの付近に位置している模様。

先日アヤラセンターの販売ブースでも話を聞いてきた、ソリネア(solinea)という物件も掲載されていたが、こちらは26平米が270万ペソ、46平米の2ベッドルームが532万ペソとなっている。

とにかくアヤラセンターから近いというのが強みだが、アヤラランドがデベロッパーであるというのも安心感はある。

同じくアヤラランドが手掛けている物件としてアビダタワーズリアラ(avita towers riala)というものもあって、こちらはどうやらITパークに出来ているのとインターナショナルプロパティアワードで何かの賞を受賞したらしい。

物件価格としては22平米で215万ペソ、41平米だと429万ペソとなっている。

これ以外にもグランドタワーセブとか、serulyanシースケープスマクタンとか、umiガーデンスイーツとか、いろいろな物件の情報が載っていて、もしも月替わりでこの不動産情報が書き変わっていくのであれば、なかなか興味深いところ。

おそらく大半の情報というのは毎月引き継がれていくものだとは思うが、今回初めて手に取ったので初見の物件もあり、興味深かった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ