外国暮らしが長いと国際人になれるとは限らない




なんとなく日本にいたイメージとして、外国暮らしが長ければ、それだけ英語が上達したり、異文化への理解が進んだりといった形で、国際人になれるのではないかという風に考えていた。

これは実際に自分が海外に移住する前から、ぼんやりとイメージにはあったし、おそらく多くの人が多かれ少なかれ、そういった考えを持っているのではないかと思う。

しかしながら、既に外国暮らしが4年以上になっているが、自分自身やあるいは、これまで関わってきた人を含めて、必ずしもそれが真実ではないという風に感じている。

まず日本人が思い浮かべる国際人のイメージとして、語学力というものがあると思うので、その点から見ていきたい。


海外に居れば英語が上達するわけではない

私の友人のある夫妻は、中国の国境の町に子供連れて移住し、その後反日運動が高まってきた時に、フィリピンのセブに移った。

どちらの町に住んでいる時にも、何度か会っているが、彼ら夫妻は中国語も英語も話せない。

しかしながら、小学生の子供は、どちらの言葉も話せるようになったという。

但し、フィリピン暮らしが長くなってからは、中国語を使う機会がないので、徐々に忘れていってしまっているということで、時折香港に連れて行ったりしていたようだが、基本的に子供は現地の人と、学校でも交わるような機会があれば、言語をどんどん覚えていく。

日本人学校等で、極端に隔離されているような場合であれば、例外的なことはあるが、環境に応じて適応していく力というのは、一般的に子供の方が大人よりも高いものがある。

対して大人というのは、外国暮らしをしていても、必ずしも英語を話す機会が多いわけではない。

これは意外に思うかもしれないが、日本で住んでいる場合は、日常生活を思い浮かべてほしい。

特に都市部の場合であれば、近所付き合いもないところが多いので、普段仕事や特定の友人以外と会話を交わすということは、ほとんどない人も多いはず。

仕事は休みの日で、友人や家族と会わなければ、誰とも話さずに1日が終わってしまったということも、あるかもしれない。

そう考えてみると、日本人が日本で暮らす上で、日本語を話す機会というのも、それなりに限られているし、まして我々が外国人として海外で暮らす場合も、原則としてそれは同じこと。

しかも話す相手というのは、レストランでのウエイターやウエイトレスに注文をするとか、あるいは会計をしてもらうとか、そういった非常に決まりきった言葉のことが多く、日常会話であるとか、そういったものをする機会というのは、そこまで多いわけではない。

通常、外国暮らしをする場合というのは、その国の人以外でも安全に暮らせるような治安がよく、外国人が多いエリアを選ぶことになるので、向こうにとっても、日本人が珍しいわけでもなく、積極的に話しかけられたりすることもない。

そうなってくると、現地で仕事をしていたり、あるいは留学をしていて、学校に通っているような場合であればともかく、それ以外の普通に暮らしているだけという場合は、現地語も英語もそこまで使う機会はないということになる。

私自身、フィリピンに住んでいても、フィリピンの言語であるタガログ語を学ぼうという気すら、一切起らなかったし、マレーシアでのマレー語も同じこと。

永住するつもりでもなかったので、マイナー言語を学ぶ事へのモチベーションが微塵も感じられなかった。

英語に関して言えば、日本にいた頃は全く使っていなかったので、それに比べるといくらかの上達は見られたものの、劇的に改善するわけでもなく、相変わらずカタコトの状態であることに変わりはない。


異文化の理解という嘘

国際性豊な人間になるためには、様々な国の文化や歴史を理解するというのは、確かに必要なことだと思う。

しかしながら、様々なということの定義は、非常に難しい。

例えば日本人がフィリピンに移住をして、その国の文化や歴史を理解したとして、それで国際人と言えるかというと、それはかなり怪しい。

そもそもフィリピンというのは、世界の中で特別力を持っているというわけではないし、かといって、人口も1億人を突破しているので、マイナーな国と切り捨てるわけにもいかない。

しかしながら、世界に約200以上の国と地域がある以上、全てを理解することもできないし、かといって、日本プラス、1つか2つの国を理解したぐらいで、国際人と呼べるのかというと、それも怪しい。

外国暮らしをしてるといっても、多くの人は、一つの国に定住しているという場合が多い。

更に言えば、外国人相手だと、よほど気が強いとか、失礼な相手ではない限り、歴史問題にずかずか踏み込んでくるようなこともないし、向こうが自分達の文化を、声高に主張してくるわけでもない。

そういった意味で言うと、よほど深い接点を持っていない限りは、相手の国の文化に触れる機会というのは、意外に少ないもの。

そういった意味で、ただ単に外国に長く暮らしていれば、異文化への理解が進むかというと、これはかなり怪しいものがある。

ちなみに日本人は、他者の文化や考え方への寛容性というのは、非常に高い民族だと思う。

一神教でもないので、他者の宗教に対しても、特に気にしないし、自分達に被害が及ばない限りは、大抵の考え方をそれはそれとして、受け入れることができる。

自分達と違うものを、強烈に拒絶する人達も世界にはいるので、それに比べると、やはり和を重んじる国民性があるという風に感じるので、その意味では、世界に出た時に評判がいいのもわかる。

一方で、よく指摘されるように、自己主張が弱いために、甘く見くびられ、結果として損をしているというのも、実際のところでは、ないだろうかという風に現場で感じる。


外国暮らしが長くなると日本人らしさを失っていくのか?

私が最初に移住をした国はマレーシアだったが、その時に和食レストランに通っていて、感じていたことがある。

それは日本人駐在員が、どうも現地化というよりも、中国人化しているような感じがあったということ。

マレーシアの和食レストランのスタッフというのは、日本語はできないが、駐在員たちが日本では考えられないぐらいの店員の悪口を、平気で言っていることや、妙に喫煙率が高いことがそういった印象を促していた。

しかもこれは、1人や2人の話ではなくて、頻繁に見られることだった。

これは客の側にだけあることではなくて、ジャカルタのあるラーメン屋の店主は、日本人なのだが、店員に向かってあり得ないほど、口汚く罵っていたのだが、しかもそれが客の前であるというのが、かなりの衝撃だった。

油も多く使った本格的な美味しいラーメンだったが、油の為以上の重さを胃の辺りに感じて、店を後にすることになった。

こういった礼節を書いた行為という意味での日本人らしさを失うということは、多かれ少なかれ外国暮らしが長いとあるのかもしれない。

ましてそこで仕事をするということになれば、現地人へのストレスというのも募るのだろうし、それがこういった形で、紛失してしまうのかもしれない。

また、移住してきた当初は、空港等でも日本人として扱われていたのが、だんだん中国人と間違えられる機会が増えている気がする。

そしてこれは私の友人数人の体験談としても、やはり同じような傾向にあるらしい。

おそらく原因としては、海外で買った服であるとか、海外の美容院で切った髪型、更に言うと、表情や仕草がどこか日本人とは離れてくるのかもしれない。

確かに、外国暮らしを3年ほどしてから、日本に一時帰国した時には、妙に日本は丁寧だなという風に感じたし、若干の違和感があった。

逆に捉えると、普段の外国人の行動が作用して、やはり自分自信にも影響を及ぼしているはず。

そういった意味で言うと、細かなところにおいては、外国暮らしが長いことで、日本人らしさを失っていくのかもしれない。

もっとも、私は欧米に住んでいるわけではないので、オーバーリアクションや、わざとらしい英語の発音が身に付くわけでもなく、そういった意味で言うと、影響を小さくとどまっているようだ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ