日本でもゲイティッドコミュニティが増えるのか?


セブシティの中にあるITパークの近くのメインホテルというところの脇には、警備員が常駐している門に閉ざされた住宅地が広がっている。

ここは所謂、ゲイティッドコミュニティというもので、戸建のエリアの周りをぐるっと塀で囲んであって、通常は一ヶ所か二ヶ所ぐらいしかない出入口の門には、警備員が常駐している。

なぜこのようなことになっているかというと、治安の保全のためで、日本とは少々違う感覚で守られている。

そもそも外国人が住むようなコンドミニアムというのは、フィリピンに限らず、マレーシアやタイやインドネシアにおいても、24時間警備員が常駐するというのは常識。

日本では管理人がいるマンションというのもあるが、彼らが武装しているわけではないし、むしろ高齢者であったりして、犯罪の抑止力としては、非常に弱かったりもする。

もちろん人の目があるということで、予防にはなるのだろうが、現実的に力ずくで犯人を止めるとか、実力行使によって相手を排除するとか、そういった強制力は皆無に近い。

しかし、日本のように治安が良くない海外の多くの地域においては、富裕層がゲイティッドコミュニティか、もしくはしっかりとしたセキュリティーの整っているコンドミニアムに住むというのが、もはや普通の光景になっている。

逆に言えば、それ以外のエリアというのは、そこまで収入がない人が住んでいるのが基本となる。

パングラオ島のような素朴な場所においては、ゲイティッドコミュニティを見かけることはできなかった。

それなりに立派な家があるとしても、特に厳重な警備がされているわけでもなく、警備員が駅の前に立っているような光景を見ることはなかった。

ここら辺はマニラやセブに比べて、まだまだ都市化が進んでおらず、のどかれあるというのがうかがえる。

田舎であれば、基本的に村社会なので、そこまでのことをしなくても、我が身を守れたり、それぞれの横の繋がりがあるために、トラブルが起こることを防げるのだと思う。

ではこういったゲイティッドコミュニティというのは、新興国にばかりあるのかといえば、そんなことは決してなく、治安の悪い国であれば先進国であっても、そういったエリアがある。

例えば、アメリカというのは世界に誇る超大国ではあるが、治安がいいとは決して言えない。

それはワシントンやニューヨークに行ったことがあれば、肌で感じたことがあったはず。

こういった国というのは、地方の富裕層が住むエリアは、外と仕切ってゲイティッドコミュニティになっている。

あの国に行けば、そういった治安にコストをかけるという心理は容易に理解できると思う。

安全がタダだと思われている日本とは違って、基本的に自分で自分の身を守らなければいけないという文化だし、実際に気を抜いていると危険に巻き込まれることもある。

そういったことを嫌って、お金持ちが安心できる場所を求めるというのは、当たり前のことだし、更に言えばアメリカにおいては、富裕層が独立した自治体の設立を求めていたりもする。

前世等のことを考えると、社会的なあるいは経済的な階級によって利害の衝突が起こるわけだし、高い税率で苦しんでいる富裕層にすれば、社会構造を一元化しておくことよりも、むしろ階級別にした方が利益が多いのは間違いない。

そういった意味でも、貧富の差が増してくると、日本も同じようにゲイティッドコミュニティを作って、富裕層が貧困層と関わりをたつことができるエリアを求めていくようになるかもしれない。

実際、ニュータウンを作る際には、よそ者が勝手に入ってこれないようにするような試みもすでに出ているので、ゲイティッドコミュニティ日本で求めていくという機運は、既に下地として整っているように思う。

更に言えば、日本は子育てをしている世帯の警戒心というのも、世界的に見てもかなり高い。

フィリピンでは、アロナビーチで食事をしていたら、3歳ぐらいの子供が足元にきて、猫で遊び始めるということがあったが、日本であれば見ず知らずの大人と、娘をすぐ近くまで 近づけるということは、かなり抵抗があるはず。

そういったことを考えると、子供を育てている家庭が、部外者の入ってこないコミュニティを求めるというのは、必然的な流れ。

こうなったくると、お金持ちだけではなくて、中流階級の子持ちの世帯が、外部と切り離された空間を求めて、塀や門によって閉ざされた地域環境を気付いていくという日は意外に近いのかもしれない。

地域社会の崩壊や、階層化への懸念など、賛否両論あると思うが、余計な人とは関わりたくないという方向性は、社会情勢を考えれば止めることはできないのだろう。

南アフリカのように、限定されたエリア以外は、外国人が気軽に立ち寄ることができず、ダウンタウンやソウェトのタウンシップ見学ぐらいしか、外へ出る機会がなくなる日がくるとまでは思わないが、日本も今の秩序をそのまま保つことは難しいはず。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ