ブダペストのゲッレールトの丘に登ってきた




ブダペストという町は、ドナウ川を挟んで西側がブダ、東側がペストという風に分かれている。

私が宿泊しているのは東側だが、エリザベス橋やセーチェーニ鎖橋を越えて、何度か西側のブダ側に渡っている。

今日もホテルで借りた自転車を使って、そちらまで行ってきたが、途中で自転車を止めて、ゲッレールトの丘に登ってきた。

こちらは階段や坂を上っていくことになるので、自転車を押していくのはかなり厳しい。

坂はともかく、階段もかなり長いので、電柱に楔形の鍵で固定して、置いておくことにした。

ハンガリーを含めてヨーロッパの多くの町では、自転車を駐輪する時にただ鍵をかけるだけではなくて、電柱であったり、ポールに固定するのが一般的となっている。

それだけ自転車の盗難が多いということも考えられる。

今回の場合、ホテルに2万フォリントのデポジットを預けて、借りることとなった。

ゲッレールトの丘は、下から見るとそこまで高いわけでもなく、いくつかの彫刻が飾られている。

なおこれは正確に言うと、丘ではなくて山ということらしい。

正式名称で言うと、ケレン岳と称されているという。

途中でガサガサと左側で音がするので、何かと思ってよく見てみると、一匹だけだがリスをみることができた。

バンクーバーでのスタンレーパークで見てから、約半年ぶりのリスということになるが、相変わらず一目見るだけで和んで、なんだかラッキーな気持ちになる。

ゲッレールトの丘の頂上には、下レッラという建物もあるし、そこからブダペストの町を一望することができる。

橋や東側のペスト側を望むことができるのはもちろんのこと、このゲッレールトの丘の頂上を一周することによって、東西南北すべての方角を見渡すことができるので、ここは非常に景色が良くて絶景というだけではなくて、ブダペストの地理を大まかに把握するためにも、非常に役に立つ。

この頂上からも、東駅は特長的な建物なので、確認することができた。

更に言うと、その奥にはスタジアムらしき建物もあったので、間違いはないことと思う。

橋を渡ってから、500mlのペットボトルの水でも買おうかと思っていたが、残念ながら見当たらず、結局一度ゲッレールトの丘を降りるまで、飲み物を手にすることが出来なかった。

この数日、ブダペストはとても暖かく、日中は20度を越える気温になっているので、これは少々油断していたが、幸いなことに熱中症になったりすることはなかった。

結局降りてから、水を売る店よりも先にジェラットリアが見つかったので、そこでラファエロという名前のソフトクリームを買って食べた。

一瞬奇妙な味がしたような気がしたが、次の瞬間に様々なことが脳裏で繋がった。

以前にポルトガルのコインブラで食べたパン屋で売っていた、巨大な白い貝殻のようなお菓子は、食べようとした途端に、外側がぼろぼろと崩れて大変だったが、その時の味とか、ヨーロッパを回って感じる一部の教会のにおいとか、そういったものを連想した。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ