ドイツへの移住を現地まで行って、保留にした理由


ドイツに移住した人と話す機会が不思議と多く、
私自身も妙な縁だと思っている。



旅行で言ったことがあるぐらいだし、
特に住んでみた経験があるわけではない。

簡単にビザが取れる国ではないことも調査済み。



にも関わらず、ドイツに移住した日本人が
私の周りには少なくない。

たとえば運営している世界4大自由倶楽部のメンバーだったり、
外部スタッフとして仕事をお願いした人だったり。

こうした人とスカイプでつながることも多く、
もはや国境が意味を持たないことを実感する。



相手が日本に住んでいたとしても、
フィリピンで暮らす私にとっては海の向こうの人。

それがドイツであれ、カナダであれ、特に違いはない。


これまで仕事をお願いしてきた人も、
もちろんもっとも多いのは日本在住者であるものの、
海外移住者だとドイツとアメリカが特に多い。

それ以外ならカナダの人。


アジア各国は物価が安く、働く必要が無いためか
そこまで応募は多くない。

SOHOの人に仕事をお願いしているので、
居住国の生活コストが反映されていると推測してみると面白い。




それにしても、ヨーロッパの中でもドイツが特に多く、
おそらく次がイギリスに住んでいる人。

他の国に移住した人から連絡を受けることは、
記憶のかぎりほとんどない。

なぜここまでかたよっているのは謎。

偶然なのか、EUの中でも経済力が高い国に住んでいる人が、
仕事に応募してきていることになる。

国家に経済力があるということは、
収入だけではなく物価も高くなるわけなので、
やはり多かれ少なかれそのことが関係しているのだろうか。



ドイツへの移住は私も考えたことがある。

というよりも、ヨーロッパには基本的に住みたいと思っていて、
ただ1年住むためのビザの手続きがいかにも大変そうなので
見送ることになった。



海外移住をしてからずっとアジアに住んできたので、
そろそろヨーロッパに住みたい気持ちはある。

ただ、新興国とは違って先進国は外国人を気安く受け入れない。



フィリピンやマレーシアにおいては、
外国人は現地にお金を落としてくれる人。

ドイツを含むヨーロッパでは自国民の働き口を奪ったり、
厄介事を持ち込む者として外国人は認識される。

ひどい話のようだが、
日本が外国人に対するのと同様の姿勢を取っているだけで
非難されるような政策ではない。

自国の利益を守るための正当な手段なので。



EUの居住権は簡単には手に入らないし、
結婚も現地就労もする気がない私には特にハードルが高い。

ドイツに移住した人の話を聞いても、
基本的に配偶者ビザか就労ビザ。

1年だけ住める便利なビザというのは
そうそう存在しない。


ポルトガルなら比較的取りやすいと聞いたが、
調べてみると手続きは決して簡単ではないので
着手するまでもなく挫折した。

そんな苦労をしてまで住むことにこだわりたくない。

旅行なら余計な手間をかけなくても行けるわけだし。



ということで、私自身がドイツに移住するのは
ビザの関係で今のところ予定はない。

逆にビザさえ発給してもらえるのであれば、
フィリピンの次に住む地として申し分ないのだが・・・。


追記:フランクフルトを訪れてみた


先日、ニュルンベルクとフランクフルトに行ってきた。

その時の様子について。


まずはニュルンベルクは旧市街の雰囲気と、
想像よりも緑が多いことが気に入った。

ここに1年ほど移住できたら面白いと思う。







元々城塞都市には心惹かれるところがあり、
南仏のアヴィニョンやポルトガルのオビドスも好きだが、
ニュルンベルクもこの条件を満たす。

それなりに規模の大きな街なので、
1年程度なら生活しても飽きることはなさそう。

ドイツに移住するなら有力候補となっている。



そしてバスでフランクフルトへ移動。

こちらは大都市で、川沿いの高級住宅地の雰囲気がとても良い。








ただ、空気があまりきれいではないので、
ニュルンベルク程の魅力を感じなかったのも事実。

とは言え、今後もヨーロッパ入出国の際の起点として、
縁が深い街となっていくことと思う。

特に、今後は東欧に入る機会が増えそうなので、
その際にドイツはロンドンやアムステルダムより地理的に条件がいい。

チェコとは隣国だし、ポーランド等とも近い。

そんなわけで、住むわけではなくても
フランクフルトは頻繁に行くことになるかもしれない。


他にも、以前に訪れたミュンヘンやケルンも良かったが、
仮に住むならやはりニュルンベルクが第一候補。

城塞都市の街並みと豊かな自然の両方がそろっているのは大きい。


ただし、ミュンヘンは新しいカルチャーの生まれる街として
近年注目を集めている部分もあり、
その観点から再訪してみると面白い発見がありそう。

何しろ前回の訪問から10年近く経っているので、
街の様子も変わっているはず。

と言っても歴史的な建造物が多いため、
アジアの新興国のような激変ぶりはないだろうが、
街並みよりも文化的な面での変化は期待できそう。



また、ケルンを以前に訪れたのも同時期だが、
その時はケルン大聖堂やライン川を見たりと、
観光客としての視点でしか見ていなかった。

大きくない街だからこそ、
生活するのに適しているエリアもあるかもしれない。



他にも首都ベルリンを移住先として推す声も散見する。

ビジネスビザを取りやすいようなので、
その点も含めてドイツは面白そうな話が多い。

今後も東欧を繰り返し訪れる予定のため、
少し足を伸ばしてドイツについても掘り下げて追求してみたい。

食事も美味しいし、
移住先としても、旅先としても大きな魅力がある。


追記2:ミュンヘンを訪問


前回のニュルンベルク・フランクフルトから1年、
今度はミュンヘンを訪れてみた。

台北から東京を経由してミュンヘンへ。

その後は南下してオーストリア、スロベニア、クロアチア、
ハンガリーと3ヶ月かけて移動した。



ミュンヘンは見どころが多く、
2度目にも関わらず旅行者として楽しめる街だった。

食べ物も美味しい。

住むということを考えても、
エリアによっては緑も多くてなかなか興味深かった。


一方でミュンヘン中央駅付近は
もはや人種のるつぼというよりも、
中東系やアフリカ系の人の方が多いエリアも。

ドイツという雰囲気ではない。

積極的な移民・難民受け入れ政策が
首を絞めているのは周知の通りで、
住みやすいかどうかは疑問も残った。

たしかに単一民族の国に比べれば、
日本人が違和感がないのは事実。

しかしながら、多民族国家でもマジョリティとマイノリティに分かれ、
ドイツにおける日本人はもちろんマイノリティ。

そう考えると、
もっと物価が安い東欧の方がコストパフォーマンスが良く、
日本人にとってのなじみやすさも大差ない感じがした。


住んでみたい国の1つではあるが、
頑張って実現しようというモチベーションは
いまいち見つからなかったというのが実際のところ。

今のビジネスの延長線上で
ベルリンにて起業してビザを取る手もあるが、
今の段階で積極的に進めていく予定はない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ