フリーターの月収・年収を聞いてみたら・・・


栃木からやってきたフリーターと月収や年収のことを
話していた時のこと。

まだこれは私が日本に住んでいた頃の話で、
彼とは直接会う機会があった。



その時の話だと、フルタイムに近い形でバイトをしても
月収が12万から13万にしかならないという。

手取りの話をしているのかと思ったら、
税金や社会保険料が引かれる前の金額で。

もちろんボーナスが出るわけではないので、
年収は140万円とか150万円ということに。

よく年収300万円時代と言われることがあるが、
それと比べても半分にしかならない。



不思議に思って聞いてみたら、
彼はフリーターとしても月収が安い、
というか時給が安いバイトをしているという。

仕事はいくつかやってきたものの、
基本は750円程度の時給。

コンビニや飲食店のホールが多いと言っていた。

たしかにそれで換算してみると、
月収は12万程度ということになる。


私も学生時代にバイトをしたりはしていたが、
同じ仕事でも東京都内なら時給が高い。

コンビニの時給が900円とか。

コールセンターは1200円だったし。


それを基準に考えていたが、
たしかに大都市圏以外の時給は安いわけで、
当然月収や年収にも直接的に影響する。

フリーターの人からすれば収入がそのまま左右されることになる。


それなら東京に出てきたらいいのではないかとも思った。

栃木なのだから近いし。


ただ、フリーターのまま一人暮らしをするにも
毎月の生活費を考えると厳しいという。

実行できるとはいえ、特に初期費用がつらいらしい。


たしかに敷金や礼金、前払家賃、引越し費用を考えると
彼の月収の2倍程度は必要になるかもしれない。

そういうことを考えると、
一人暮らしを始めるより実家のほうが楽で
余計なお金もかからないと言っていた。

特に実家に家賃を入れているわけでもなく、
入ってきた収入をそのまま使えるので。


可処分所得が毎月10万円以上ということは、
妻子のいるサラリーマンよりは裕福だろう。

そう考えると見え方が変わってくる。


月収・年収が低くて大変そうだったフリーター生活が
急に気楽で合理的な選択のような気が・・・。




もっとも、働いている時間は毎日8時間ほどというし、
年齡が30代になってくると仕事探しも厳しくなるという。

彼の地元でも働き口が限られてくるので、
20代のうちにどうにかしたいと言っていた。



個人的にはフリーターにもサラリーマンにも
今後なるつもりはない。

そもそも人に雇用されること自体が向いていないし、
そういった形で働く必要もすでにないので。


ただ、これからフリーターをして30代を迎えて、
親がいつまでも面倒を見てくれるわけではない人が増えれば
社会的な問題も増していくのだろう。

現実的に食べていけなくなるわけだし、
そのまま40代・50代になっても厳しくなる一方。


さらに言えば、
スキルがない人を保護するための税金も使われるので
社会的コストも増していく。

年収の高い層はその犠牲を強いられる。

色々と日本においてひずみが大きくなっていくのは
もはや避けられない気がする。



海外に出て暮らしてみると、
特に新興国に気楽な雰囲気が漂っているのは
将来について楽観視しているから。

月収が1万円とか、年収が15万円にも満たなくても
心配せずに暮らしている。


フィリピン人やインドネシア人の年収を
日本ではフリーターでも月収として稼げる。

ただ、その分だけ幸せも大きいかというと、
そんなことはないと感じる。

むしろ日本人の方が閉塞感に悩まされ、
苦しんでいるようにしか見えない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ