ジョホールバルで学生を下宿させてみる


伊田「最初のうちは普通にネットで調べたことを書いていくだけでも、現地に住んでいる人が書いていると、それが真実というかなんか説得力ありげに思えるんですよね。で、たまたまスクールの近くに行ったときとかに写真を撮っておけば、尚更説得力は増しますよね。そうすると結構、教育移住に興味を持って検索してくれる人も拾えるようになりますよね。」

浅越さん「なるほど、そっちも捕まえやすいですよね。」

伊田「そうですね。ジョホールバルの隣ってシンガポールじゃないですか。あそこも本来的に庶民が移住できるような国ではないんですけど、なんとなく移住したいぐらいの人はシンガポールとかオーストラリアとか言うんですよね。」

浅越さん「言いますね、私もそう思っていました。」

伊田「ですよね。で、調べて愕然とするんですよね。」

浅越さん「そうです。」

伊田「で、シンガポールとかに行ったときもそのことを色々と書いておくと、シンガポールをとりあえず検索してみて、シンガポールは自分には無理だっていうことをまだ知らない人にその記事を見せておいて、そこから引き込むことも出来ますよね。」

浅越さん「なるほど。」

伊田「で、無理ですよっていうこともちゃんと伝えてあげて。例えばこういう条件じゃないとシンガポールの移住なんて無理なんですよっていうのを。でもジョホールバルだったらシンガポールまでタクシーとかで行けるし、それでいてこんなに家賃とかも安いんですよっていう形で見せてあげると取り込めますよね。」

浅越さん「なんかあと、変わったことっていうか、キャッシュポイントになるかどうかは分からないし、ブログに盛り込むべきかどうかも分からないんですけど。」

伊田「はい。」

浅越さん「なるべく生活費を浮かせたいと私は考えていて、ビザの問題ももちろんあるんですが、先々なるべく長く海外にいたいという気持ちがあって、まだちょっと暮らしの当てが立っていないので、それでスリーベッドルームの部屋を現在借りて、ツーベッドをrentルームに出すつもりで、一応いま入居者は決まって医学生の男の子、今週末くらいから同居することに。」

伊田「なるほど。それは現地の人っていうことですよね。」

浅越さん「そうですね。はい、チャイニーズマレーシアの。たぶんクアラルンプールとかから下宿を探しに来ているような方でしたね。大して語学力もないのに受け入れることにして。そういういうのって売りになるのか、引いちゃうのか、どうなんですかね。」

伊田「いやいや、それは売りになりますよ。」

浅越さん「売りになりますかね。」

伊田「そこまでどっぷり現地につかれる人ってなかなかいないじゃないですか。普通ちょっと怖いかなって思いますよね。」

浅越さん「ちょっとね、本当はそう思ったほうが良いんでしょうね、私もね。」

伊田「そこで一歩踏み出しましたっていうのは、絶対ネタになりますよ。」

浅越さん「ネタになりますかね。」

伊田「で、同居していれば何かしら起こるじゃないですか、良くも悪くも。」

浅越さん「そうなんですよね。ちょっとトラブルもいろいろと起こってくれると思うんですよね。」

伊田「それはもうトラブルが起こるたびにネタになりますよね。」

浅越さん「そうですよね。」

伊田「それは絶対拾ったほうが良いですよ。」

浅越さん「そうですかね。いや、なんか最初はそういったマレーシア移住話とかをしながら、だんだんそうやって展開していけば読んでくれる方は増えていくんですかね。それとも最初から同居ネタから入って行った方がいいんですかね。時系列っていうのはどういう風に考えていけばよろしいですか。」

伊田「時系列は特に考えなくていいです。というのはブログの場合だと上の方に、上部メニュー、グローバルメニューともいうんですけどなんか5つくらい横に並んでいたりするじゃないですか、よく。ブログのタイトルの下に。あの辺とか、あとサイドバーの上の方とか、あそこらへんにとりあえず目立つ記事を置いておくんですよね。例えばそういうところに目立つエピソードを置くとか。あとはですね、メルマガを始めた時にステップメールっていうのを使うんですよ。ステップメールだと一通目はこのメール、二通目はこのメールっていうのが、誰がどのタイミングで登録しても同じように届くんですけど。その中に相手の心を掴むようなエピソードっていうのを書いていくんですよね。だから時系列に一個一個並べていく必要はないです。あとブログの場合はですね、だいたいどのタイミングでどの記事を書こうと、読み手はそんなことはあまり気にしてないですし、全部の記事とかは別に読んでいかないですから、あんまり気にしなくていいですよ。」

浅越さん「そうですか。じゃあ出来事が起こったらそれを書き込めるようなつもりで。」

伊田「そうですね。」

浅越さん「マレーシアと2歳の子供を持っているっていうことと、資格と下宿人くらいですかね。」

伊田「あと下見なし、もですね。」

浅越さん「下見なしですね。」

伊田「放射能から逃げたかったっていうのも、書いたほうが良いですね。」


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ