ビガンに行くことなくフィリピン生活が終わろうとしている


私が住んでいるマニラから、バスで9時間ほど行くと、ビガンというユネスコの世界遺産にも登録されている町がある。

ここの特徴としては、元々スペインの植民地だった時代の面影が残っているのと、中華街としての要素が溶け合っている為に、中華様式とスペイン様式の二つが入り混じって、独特な文化が残っているということ。

マニラやセブのように、商業的に発展した町というのは、近代化によって、どんどん過去の面影というのが壊されてしまっている。

それに対してビガンというのは、港もなく、そのまま発展が大きく行われることなく、過去の面影というのが残っているので、そういったことが認められて、世界遺産にも登録されている。

この町というのはかなり独特で、旧市街のメインストリートである、クリソロゴ通りにおいては、人間と馬車以外は通行が禁止されていて、バイクや車は通ることができなくなっている。

こういったことは、ヨーロッパ各国の一部の観光地においても、同様の配慮がされていて、観光スポットとしての価値を高めている。

写真で見てみる限り、このビガンといのはマニラとは全く違う町並みを呈しているので、それはそれでかなり面白いのではないかと以前から思っていた。

しかしながら、今年はスペインそのものに行く予定もあるので、わざわざバスで9時間も移動するというのは大変だし、そういったことをするよりは、実際にスペインを見てみた方が早いという結論に至ってしまった。

特に、ビバビガンフェスティバルというものは毎年5月にあって、こちらはこの村の中では一番大きな祭りということだが、もう5月にはすでにフィリピンにはいないので、そこら辺の事情も相まって、ビガン行きは見送ることにした。

ちなみにこの町には様々なお土産というものがあって、食べ物であれば、トンソンズ、あるいはキヌボンという食べ物がある。

このキヌボンというのは、細い竹筒の中に砂糖ともち米をいれて、炊き上げたものということ。

あとは、バシーというサトウキビのお酒もある。

更に、様々な民芸品も売っているということなので、かなり賑わっている模様。

見どころとしては、サルセド広場や、セントポール大聖堂、更に世界遺産にも登録されている記念碑、国立博物館など、かなり様々な見どころが密集している模様。

このサルセド広場といのは、ラオスのビエンチャンの中心となっている広場に雰囲気は似ている。

尚、このサルセドというのは、スペイン人のフアンデ・サルセドの名前から取られていて、マカティにもサルセドビレッジという名前のエリアがあるほど、フィリピンの中でも重要な人物として認識されている。

この他にも、国立博物館や、クリソロゴ博物館といった文化施設もあるし、他にしきやマンションや、郊外のバルアルテ動物園、バンタイ教会など、ビガンにはかなり見どころがたくさんある。

さすがにこれだけ郊外に行くということになると、すぐに観光だけ行って帰ってくるというのも、移動が大変なので、1週間ぐらい時間を取って、のんびりと行ってくるというのも一つの方法かもしれない。

実際に行ったわけではないのでなんとも言えないものの、だいたいこういった観光地というのは、フィリピンのような新興国の地方であっても、インターネット環境等は優れていることが多いので、そこら辺も追い風になるのではないかと思っている。

フィリピンのホーリーウィークは、軒並み店が閉まって閑散としてしまう。

私がフィリピンに移住してきた直後に、ホーリーウィークという行事があった。

こちらはキリスト教の習慣に基づいた行事になっていて、基本的にほとんどの店が閉まってしまう。

私が住んでいるマカティというのは商業エリアなので、会社も当然ながら休みになるし、更にほとんどの店が閉まってしまうということなので、突然閑散としていた。

しかもそれが、初めての日曜日と重なっていたので、もしかするとフィリピンというのは、土日は毎回このように店が閉まってしまうのではないかと、心配していたことを覚えている。

というのも、厳格なキリスト教の場合、日曜日は休養を取るということを徹底していたりもするので、ひょっとしてそういったことなのかと思っていて、ホーリーウィークというのは当初は知らなかった。

さすがに毎回土日がそういったことということはないものの、24時間営業のマクドナルドも一部が閉まっていたりとか、ミスタードーナツ等の店も閉まったりするので、日曜に関しては商業地域に関して言うと、かなり閉まっている店が多いのは事実。

しかしながら、ホーリーウィークは更に輪をかけてその影響というのは強く、グリーンベルトやグロリエッタといったショッピングモールすらも閉まっていた。

ランドマーク等のスーパーも閉まっているし、開いている店の方が少ない。

その間にどのような店で食事をしていたかというと、一部のマクドナルドであるとか、もしくはセブンイレブンやミニストップのようなコンビニでご飯を買うぐらいしか、方法がなかった。

とはいえ、ホーリーウィークの中でも、ピークとなる2〜3日ぐらいがそういった状況というだけで、常にそのぐらいの閉店率というわけではない。

したがって、店が閉まっている2〜3日の間を、どうにかしのぐことができれば、グリーンベルト等はまた営業を再開するので、いつも通り食事をとることができるようになる。

そういったこともあるので、もしマニラに旅行に来るのであれば、このホーリーウィークの時期というのは、外しておいた方が無難。

マカティ等からは人がいなくなって、ある意味では移動しやすいので快適とも言えるものの、生活インフラというのが一気に弱まってしまうし、おそらく観光スポットというのも、軒並み閉店してしまうということが予想されるので、来てみたはいいものの、何もすることがないということになり兼ねない。

残念ながらこのホーリーウィークというのは、都市によって時期が若干ずれるので、毎年それぞれ確認する必要がある。

2013年の場合は5月だったが、それも日時については若干違うので、もしその時期に旅行にくる予定があるのであれば、ホーリーウィークの時期というのを調べた上で、若干ずらしてから調整した方がいいと思われる。

もちろん、あえてその時期を選んで、特別なフィリピンの一面を見たいというのであれば、それは全然いいと思うし、そこら辺は考慮の上で計画を立てていただければと思う。


ページの先頭へ