アヤラセンターのグレイプ・プラネットに行ってみた(セブ)


ストーリーウィズアウトドラマというテーマを掲げているのが、セブのアヤラセンターの4階にあるグレーププラネット(GRAPE PLANET)という店。

こちらはその名からもわかる通りワインに力を入れている店で、ランチメニューにもグラスワインが付く。

初めて訪れてみた際に頼んだのは、チキンの乗ったライスのメニュー。

それからグラスワインは赤を頼んだ。

銘柄等はこちらで選択するシステムではなく、店の方で決める仕組みになっている。

食事の感想だが、正直味は平凡というか、どちらかというとフィリピン人向けの味付けで、あまりコメもおいしくないし、日本人にはお勧めできないかもしれない。

少なくとも私は、もうこのメニューを頼むことはないだろうし、この店でコメが使われている料理をオーダーすることはないだろう。

ワインの方はというと、正直こちらも個人的には好みではなかった。

結局、唯一良かった点は、店内が空いているのと、それなりにオシャレなので、居心地がいいという程度で、食事そのものについてはリピートするような質ではないという印象。

このアヤラセンターの4階だけでも、スイートルームやイデアイタリア、ブリーク、ザ・ソーシャルといったいくつもの店があり、正直それらと比べると、このグレーププラネットの優位性というのは認められなかった。

単純に味が悪いというよりも、味付けの方向性がフィリピン人に向かっているという感じがする。

ここがフィリピンであるということを考えればやむを得ないところだし、相性が悪かったものと思って割り切るしかないと思っている。

そういえば昼寝の時はよく眠れたので、その点はワインのいい影響があったのかもしれない。

ある鍼灸師が患者の体質によっては、朝ワインを進めているという話を聞いたことがあるが、意外とこういった利用法もあるので、ワインというのも奥が深い。

アルコール=毒というわけではないが、刺激物ではあるので、うまく使えるかどうかによってプラスにもマイナスにも働く。

こういったことは体の仕組みをよくわかっている人に判断してもらわないと、生半可な知識で真似しても同じ結果が得られないどころか、むしろ正反対の結果にすらなりかねないので要注意。

少なくとも私が朝ワインを一度試してみた限りでは、これといってよい方向に向かっているという印象はなかった。

ついでに言えば、ランチの時にお酒を飲むというのが、フィリピンにいると滅多にないことだが、東欧にいるときには往々にしてある。

飲むのは必ずしもワインではなくビールのことも多いが、これ自体も健康的に考えるとマイナスの影響が強い。

これはやはり一般のイメージ通りで、だいたいそうした生活をヨーロッパにいる間中、つまり80何日という単位で続けていたが、体はだるくなるしキレもなくなっていくので、良いことはない。

午後は奥泉光のシューマンの指という小説を読んで過ごした後、久しぶりにサルバトーレ・ジャックペラン監督の物語「ニューシネマパラダイス」を自宅で鑑賞した。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ