マニラで注目されるアンチグラビティヨガ




フィリピンという国においては、ビリヤードやボクシングが人気スポーツとなっている。

それ以外にも比較的、バスケットボールは人気があって、色々なところでコートを見かける。

これは町中でもそうだし、セブにおいてはホテルにバスケットボールコートが付いていることも多い。

経済発展の常として、こういった人気スポーツだけではなくて、個人の趣味趣向に合わせて多様なスポーツが人気になっていくし、中には新しい物が生み出されたり、海外から輸入されてきたりもする。

その一つとして、現在マニラ首都圏で人気になっているビヨンドという店の、アンチグラビティヨガというものがある。

当然ながら、完全な無重力を経験しようと思えば莫大な設備投資が必要となって、ちょっと健康の為にヨガをやるとか、そういったニーズに応えられるようなものではなくなる。

このアンチグラビティヨガというのは、なんなのかというと、別に重力を無にしようということではなくて、天井からぶら下がっている布があって、それを利用しながらヨガのポーズを取るというもの。

頭が上で足が下という通常の姿勢ではなくて、それが逆転した状態でポージングをすることができる。

そういえば、高校時代の体育教師が、頻繁に逆立ちを勧めていたことを思い出す。

通常とは視点が真逆になるし、体のバランスも変わるので、それを調整しようとして、肉体が自然に適応能力を発揮し始めるので、運動能力の向上に役立つという理論だった。

このアンチグラビティヨガは、1セッションで1000ペソということなので、だいたい2600円から2700円程度ということになる。

同教室の通常のヨガコースであれば550ペソということなので、だいたいそれの倍の金額ということになっている。

それでも人気ということなので、確実にフィリピンの中間層であるとか、あるいはそれ以上の層が増えているということを感じる。

生活に余裕がなければ、こういったところまで満たしたいというニーズよりも、もっと切実な需要が優先されることになるので、フィリピンの人が豊になっているということがわかる。

もちろん未だに彼らは、肉と大量のご飯だけの食事をとっていたりとか、そういった人たちも少なくないので、日本人から見ると、かなりいびつなようにも見える。

一方では滅茶苦茶な食生活を送って、その一方では最新のヨガを取り入れたりするというのは、バランスが悪いように見えるので、しかしながら、日本よりも遥かに学差社会であって、それぞれの層でライフスタイルだけではなくて、住む場所まで変わってくるというお国柄を考えれば、特別不思議なことではない。

彼らに一貫性がないのではなくて、そもそも運動習慣にしても、食べるものにしても、経済的な背景によって分断されているというのが、正しい見方だと思う。

それにしても重力への抵抗感というのは、思いのほか少なくない人が持っているように感じる。

しかしながら、重力からの自由というのが、本当に価値があるのかと考えると、そんなはずはなく、重力がないということは、深海魚が浅瀬に無理矢理連れて来られるようなもので、目玉や内臓が飛び出て、悲惨というよりももはやせいさんというような状況になってしまうのと同じことが起こる。

地上の動植物というのは、重力を前提として、ある意味で言えば、それにしばられて対抗しているとも言えるが、逆に捉えればうまく利用し、共存しているとも言える。

その為、無重力状態というのは、かえって体に負担がかかるだけだし、別に憧れるようなものでもない。

ちなみに、世界各国を回っていると、いつか宇宙にも行きそうですねと言われることがあるが、今のところ宇宙旅行についてはあまり興味がない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ