グアムは移住先として不向きという結論に



次に住む国を探していて、グアムも移住先として候補には上がった。

海外生活も長くなってきたし、
マレーシアとフィリピンではコンドミニアムを借りて生活もした。

いわゆる南国の暮らしには慣れたことになる。



ただし、ビーチリゾートに住んだことはない。

目的もなくセブに1ヶ月ほど滞在したり、
プーケットやペナンやケアンズ郊外のグリーン島を訪れたりはしても、
本格的に海の近くで暮らした経験はない。

その意味では、次の海外移住先としてグアムを選ぶのも、
新しい体験として面白い部分もある。


それでも候補にすら入らないのには理由がある。

大雑把に言えばハワイと同様の理由が。


当サイト執筆者、伊田武蔵が
海外移住の現実を無料セミナーで公開



魅力的な旅先と生活場所は違う

たしかにグアムは遊びに行く場所として魅力的なのは分かる。

愛の岬やタモン湾を訪れたり、
美しい海を眺めたり潜ったりすることもできる。

しかし、実際に住んでみて、そんな生活をするだろうか?

最初の数日だけで飽きるというのが、
これまで各国のビーチリゾートを巡ってきた率直な感想。


観光客向けにビジネスをしている人も多いので、
それなりに生活もしやすいだろう。

ただし、グアムに移住するなら観光客向けの金額で
生活を送ることになる。

当然コストは高い。

これはハワイも同様で、
普通に暮らしたいだけであるのなら、
もっと物価が安くて環境のいいところはいくらでもある。

誰もが知っているリゾート地というのは、
それだけ価格が上昇しきった場所でもある。

そんな場所に住んで自炊中心の生活を送るより、
物価の安い場所で外食中心にした方が長期的な満足度は上げられる。


ココナッツの刺し身とか、
チャモロ料理やフィナデニソースとか、
ココナッツバーガーとか、
旅行に行った時には何度も味わいたいと思っても、
日常の中に取り入れたいとは思わない。

あくまでトリッキーな味は
たまに食べるから嬉しいもの。

何度も食べていれば飽きるし、
下手をすると見たくもなくなる恐れもある。

私がかつて、マレー料理にうんざりしたように・・・。



また、日本では日焼け止めのSPFの上限が50なのに対し、
グアムではSPF110というものも売っている。

それだけ紫外線が強いということだし、
これはマイナス要素でしかない。

日焼けは健康の面でもマイナスになるわけなので。

特別、肌を焼きたいという気もしない。



こういったことを考えても、
必要以上に人気の旅先としてフィーチャーされている場所は
往々にして住むのには向かない。

たしかに憧れの典型的なアイコンではあるし、
そこで満足気に暮らす人の特集がテレビで放送されたりもする。

ある意味、お金に糸目をつけないレベルの富裕層なら、
グアムに移住しても満足度の高い暮らしができるはず。

しかし、ちょっと小金を稼いだぐらいとか、
一般的なサラリーマン家庭の老後のリタイア先とか、
そういったレベルで行くと家計的に窮屈な思いをすることに。



そもそも数日の滞在と、
1年以上のロングステイでは視点がまったく違う。

毎日観光に出かける気なんてなくなるし、
魅力的な海よりも日常のささいなストレスの元の方が
気になるようになっていくもの。

観光客の騒音にも苛立つようになるかもしれない。

別にグアムに住んでいて商売もしていないなら、
彼らはうるさいだけで必要ないのだから。



そんな視点から見てみると、
常に複数用意している次に住む国の候補の中に、
グアムは入ることがなかった。

当面は各国を周りながら、
今後の予定は固めていくつもり。

1つの街に永住する予定は当面ないので、
住んでも1年単位になると思う。

候補の中にはビーチリゾートの街もあるので、
そちらは実現するかもしれない。


追記:別の南の島に移住した


上記記事を書いてしばらくたったが、
実は南国セブにコンドミニアムを借りて住み始めた。

物価等を考えるとコストパフォーマンスもいいし、
フィリピンでは永住権をすでに取っているため、
その点でも都合が良かった。

確実に住もうと決意して訪れたというより、
元々ホテル暮らしを1年半ほど続けていたため、
荷物は常に持っているスーツケースぐらいだった。

そして、セブで良いコンドミニアムが見つかったので、
ひとまず住んでみることにした。

長期でホテルを借りるような感覚で。


ということで、南の島での暮らしは、
グアムではなくセブで送ることになった。

もちろん永住する気も、骨を埋める気もなく、
また別の街で暮らすこともある予定。

常により良い住環境を求める日々は続くし、
セブも暫定的な答えでしかない。

とは言え、各国を周って住みたいと思えた街なので、
それだけ価値が高いのは間違いないが。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ