フィリピンを襲った台風ハイエンの被害をマニラ在住者が語った




フェイスブックを通じて、
台風の心配をする書き込みをいくつかもらった。

何のことかと思うと、ハイエンという台風がフィリピンを襲い、
これが超大型で甚大な被害をもたらしているらしい。


それがフィリピンに来たのが昨日だったようで、
その心配をしてもらっていたことが分かった。



では、マニラの被害状況はどうかというと、
まず昨日の夕方から雨が降りだした。

土砂降りというわけでもなく、やや強めの雨という感じで
風はまったくといっていいほどなかった。

夕食も普通に近くのイタリアンの店まで食べに行ったし、
これといって街の様子に異常もなかった。



元々私の住んでいるマカティは
水害にあいづらい場所ということもあって、
一夜明けた今日は水も残っていなかった。

台風30号、ハイエンがフィリピンに上陸したのは事実でも、
ここは島国でかなり広範囲に島が散らばっているので
全国的に被害にあうことはない。

今回はフィリピンの中部が被害の中心ということで、
マニラはまったくどうもなかった。


一応学校が休みになったという話は聞いたが、
見る限り会社や店は通常通りに営業していた。



フィリピンのように広範囲に散らばっている国の場合、
台風等の天災も地域によって事情が全然異なる。

日本で細かく報道しても仕方ないので
ひとくくりにするのは当然といえば当然だが、
現地に住んでいると違和感もある。




ちなみに、以前に来た台風も特に強風はなく、
マカティは冠水も見られなかった。

マニラ市内のパサイ市等では一部冠水して
車が動けなくなったという話を聞いたが、
これも一部の地域限定の話。

現地にいないと分からないものだと思う。

報道だけ見ていると、
フィリピンは年に何度か
台風でとんでもないことになっているわけだし、
それぞれの地域の事情なんて普通は興味も持たないのだから。



ニュースをよく見る人ほど
世の中を危険とみなす傾向があるという話も納得。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ