情報を発信するだけでお金になる?


自分の行動・考え方を語ることによって、
価値のある情報を発信することができる。

世の中全体から見ればどうでもよくても、
一部の人の熱い共感を得られる情報を。


ふと、ここで気づくかもしれない。

「え?それでどうやって稼ぐの?」と。

遊びじゃないんだから、それはそうだ。


ということで、
今日は価値ある情報をお金に変える方法について。



まず、リアル世界(ネット以外の世界)においては、
何をするにもお金がかかるという話は以前にした。

店を出店するにも、戸別訪問やテレアポをするにも。


そのため、ネット世界で活動していくのが、
個人が小規模なビジネスを展開していく上で都合がいい。

さらに、人間関係・場所・時間からも自由になれるため、
世界4大自由を手に入れるのに適した方法になる。

そして、ネット世界は情報をお金に変えることに
適した世界でもある。



■ただ紹介するだけで

普通は商品を売るとなれば、梱包や発送、顧客対応等、
種々の業務が発生する。

在庫の問題もあるし、それ以前に商品開発もしなくてはならない。

しかし、ネット世界では販売代行によって稼ぐ仕組みが
すでに構築されている。

これはアフィリエイトと呼ばれ、商品を紹介することで、
販売手数料をもらうもの。


売る商品によって得られる金額は変わるが、
中には商品価格の50%以上や、
1件の販売で数万円を得られるものも。

あるいは、クリックするだけで数十円が入ってくる
広告をブログやホームページに設置することもできる。


つまり、あなたは商品を紹介するだけでいいので、
梱包も発送も顧客対応も必要ない。

さらに言えば、商品を探すのも
ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と呼ばれる
サイトにアクセスするだけでいい。

どういう事かというと、このASPというのは、
商品の販売者と広告を載せたい(商品を紹介したい)人を
つなげるサイトのこと。

そのサイトに行けば、取り扱える商品を見ることが出来る。


たとえば、インフォトップというASP。

情報教材やイーブックというノウハウ系で最大手のASP。

ここでは1件売れるだけで数千円から数万円の商品が
多数並んでいる。

審査等はなしで、どの商品でも売ることができる。



あるいはA8.net。

こちらは物販系で最大手のASP。

物販とは、インフォトップのような情報を売るのではなく、
いわゆるモノを売ること。

たとえば、化粧品やサプリメント、ウォーターサーバーなど。

資料請求で報酬が発生する案件もある。

こちらは商品によって、ブログやサイトの審査があるものと、
すぐに扱えるものがある。

即時提携と書かれているものは、
広告を載せたいと申し出れば(ボタンをクリックするだけ)、
すぐに広告を載せられる。



Google Adsense(グーグルアドセンス)の場合には、
ブログやサイトに広告を表示させ、クリックされるだけで
数円から数百円の報酬が発生する。

商品が売れる必要はないので、ハードルが低い。

しかもブログ・サイトの内容に合った広告が自動で表示されるので、
自分で広告を選択する必要もない。



こうしたASPに申し込んで、
自分の発信している情報に合った商品を紹介するだけでお金は得られる。

もちろん、訳の分からない商品を売ってはいけない。

それは信頼を失うことになり、長期的に見てあなたにも不利益になる。



こうした仕組みを利用することによって、
後々のキャッシュポイントの作り方は
容易にできてしまうのがネットの力だ。

まずはブログを作るところから。

そこからすべては始まる。

メルマガでもフェイスブックでもなくブログ。

その理由は、
・過去の積み重ねが信頼になること

・集客に向いていること

・費用をかけずにスタートできること

・長期的に安定して稼げること

が挙げられる。


ただし、ブログさえ作れば稼げるほど簡単ではない。

そのために必要なことを、今後伝えていくので、
ブログを作るときに念頭に置いてほしい。

具体的なキャッシュポイントについても
今後解説していく。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ