偏頭痛の原因について


この2年ほど、月に一度ほど偏頭痛が原因で寝込んでいる。

仕事に支障がないのが幸いだが、
あまり放置しておきたいことではない。

せっかくバンコクに遊びに行った時に
体調を崩してしまったこともある。

こうしたことが続くのは問題がある。



ということで、偏頭痛の原因を探ってみた。

まずは単純な話として風邪だが、
それだけでは解決できない問題がある。

というのは、明らかに風邪の他の症状が
見られないケースが少なくないこと。

つまり、鼻や喉にはまったく変化がなく、
ただ偏頭痛だけの場合。

これがすべて風邪だと考えるのは無理がある。

しかも、私が住んでいるフィリピンは年中夏なので、
季節の変わり目で体調を崩す心配もない。

体調管理はしやすい環境にある。

ここで毎月のように風邪を引くとは考えづらい。



次に考えたのは目の疲れが原因で偏頭痛が起こっている可能性。

パソコンに向かっている時間が長いので、
そのへんも関係しているのかもしれない。

目も良くないし、
徐々に視力が低下してきたため、
去年からメガネをかけるようになった。

体調を崩し始めた時期の方が前なので、
単純にメガネが偏頭痛を起こしているわけではないだろう。

実際、メガネに慣れるまでは気分が悪くなったりしたが、
それだけが問題ではないはず。

パソコンをほとんど使っていない時にも
偏頭痛を起こすことがあることを考えると、
パソコンや眼精疲労ばかりが偏頭痛の原因でもないだろう。



一度友人に連れられて気功の医院に行ってみたが、
ここでは肝臓の弱さを指摘された。

肝臓が原因で様々な体の問題が起こっているという話。

2度しか行っていないので体調の変化は感じなかったが、
一応足を中心にマッサージをしてもらってきた。

通わなかったから偏頭痛が今でも起こるのか、
通ってもムダだったのかは分からない。

とりあえず、肝臓に鶏がらスープと豆乳がいいと言われたので、
豆乳は飲むようにしてみたが変化はない。

鶏がらスープはあまり飲む機会がないが・・・

治っている実感もなかったため、
気功をどこまで信じていいのかは謎だ。



他にも思い当たる原因として、
2年ほど前に中国で頭部に暴行を受けたことがある。

眉毛のところを切ったのだが、
その際に脳の診断等はしていなかったので、
大丈夫とは思うが問題がなかったと断言はできない。

そういえば偏頭痛が起きやすくなった時期も
この頃だったような気がする。

ひょっとしたら、
一度病院でしっかり診てもらった方がいいのかもしれないが、
海外に住んでいることもあり、
どうもなかなか足が進まない。

フィリピンも病院を選べば医療の質は高いし、
近くにちゃんとした病院はあるのだが・・・

緊急性がある症状でもないので、
つい家でベッドに横になってやり過ごしてしまう。



それと筋トレをすると2,3日後に偏頭痛で寝込むことが多いが、
これは単なる思い込みやジンクスのレベルなのか、
体に負荷をかけたことが本当に関係しているのか、
因果関係がはっきりしない。

筋トレが原因で体調を崩すのか、単なる偶然なのか。

どちらにしても、
体を鍛えるということが難しくなったのは間違いない。

体が弱いから鍛えたいところだが、
弱すぎて鍛える際の負荷にも耐えられないというのは情けない。


そろそろ様子を見る時期は終わりにして、
ちゃんと病院に行った方がいい気がしてきた。

偏頭痛が原因で旅行に行くのも心配では
なかなか自由に動き回れない。

頭が痛い時に無理をする必要がない環境があることは
救いだとは思っているが。



経済的に成功すると健康に走る人が多いと聞くが、
その気持が分かるようになってきた。

もっとも、私の場合は具体的に偏頭痛という症状があるので、
単なる予防としての健康を求めるのとは
若干の違いがあるのだが。

問題は、病院に行っても症状を的確に伝えるだけの
英語力に自信がないこと。

曖昧なままに風邪で済まされてしまう気がする。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ