貧富の差が激しいフィリピンで本当の格差社会の姿を垣間見る




マレーシアの次に移住してきたフィリピンという国は、日本よりもはるかに格差が激しい国。

具体的にどういうことかというと、貧しい人達は日々の食べ物にも困るし、道端でお金を恵んでもらっている。

もはやボロボロの格好をして、明らかにシャワーを何日も浴びていないであろうこともうかがえるし、教育を受ける機会すらない。

その一方で、富裕層というのは非常に優遇された政策であるとか税制というのが実施されていて、個人でも何兆という単位の資産を持っているといわれている。

日本のお金持ちのトップとフィリピンの富裕層のトップクラスとを比べた場合、フィリピンの方がむしろお金を持っているといわれている。

これは税制の問題が大きくて、特に富裕層が政治に働きかける力が強いので、様々な面で優遇されている。

たとえば税務署が銀行に情報を開示させるということは日本であれば常識。

しかしフィリピンにおいては、こうした行政の権力というのが著しく制限されている。

これは単なる偶然とか法の不整備の問題ではなくて、富裕層が政治家に働きかけたことによって意図的に作りだしているシステム。

そのため、富める者は富、貧しい者はますます貧しくなるという格差の循環ができている。


逆に中間層というものは少ない。

もっともこれは日本人が思う中間層ということで、たとえば年収が400万円であるとか500万円ぐらいのクラスというのはかなり限られてくる。

何しろフィリピンというのは初任給が3万円とかそのくらいの国なので、この場合だと年収が40万円とかその程度になる。

日本であれば完全に貧困層になるわけだが、フィリピンであればこれが普通。

逆に300万円ももらっていたら高給取りということになる。

そのため、4〜500万円の年収をもらっているというのは、中途半端な立ち位置になるので、かなり少ない。

サラリーマンとしては相当上な方である一方で、起業家であるとか経営者や投資家としては相当下のクラスになるので、必然的に手薄な層ということになる。

日本人でいうところの年収2000万円であるとかそういった層が少ないのと同じ。

ちなみに日本人で年収2000万円というのは、全人口の約0.4%しかいないらしい。

こうした貧富の差が激しい国で暮らしていると、たとえばレストラン1つとっても、店の格によって入ってくるお客さんというのは完全に分かれている。

日本人であれば一食1000円のレストランに入ることは特に抵抗はない。格差社会と言われていても、たまには背伸びをしてそのくらいの店に入ることはフリーターでも十分にできる。

しかしフィリピンの一般的な人というのは、そうした店に基本的に入ることはできない。

何しろ、一食80円くらいで食べることができる国なので、おそらく日本人の感覚でいうと、フリーターが一食1万円以上の食事をするのと同じくらいの抵抗感があるのだと思う。

結果として、レストランにしても買い物をする場所にしても所得によってはっきりと分けられている。

治安の面から考えても、富裕層が暮らす地域というのは、やはり特別な警戒がされている。

高級な戸建てが並ぶエリアであれば、周辺を壁で覆って、入居者以外が一切入ってこれないように入口で警備員がチェックしている地域も多い。

フィリピンを見ていると、格差社会が叫ばれる日本よりもはるかに貧富の差が激しく、二極化が進んでいる現実を垣間見ることができる。

そして、社会のセーフティネットというものが不可欠であることも実感として感じる。

やはり子どもが教育を受けられないのは、貧困の連鎖に繋がってしまうので、それは避けなくてはいけないこと。

これは、今後の日本の課題でもあるのかもしれない。格差によって教育の機会が違ってくるということは、東大に進む家庭の所得の平均値を調べた調査結果によって、すでに明らかになっている。

誰もが平等な中流社会に戻す必要は感じないが、少なくても挑戦するチャンスは与えられるべきだし、あまりの格差は治安の悪化をもたらす。そうなれば、誰も幸せにならない。

現在進行形で人口が増え、経済が成長しているフィリピンと、逆に成熟から衰退のフェーズに入った日本では異なる点も多い。しかし、対岸の火事と吐き捨てられないほど、事態は切迫しているのかもしれない。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ