HSBC香港からHSBCフィリピンへ初送金




クオータービザ(フィリピンの永住権)の申請手続きの一環で、
HSBC香港からHSBCフィリピンに5万ドルを送る必要があった。

海外から5万ドルが送金されたという記録が
クオータービザの申請要件なので。



しかし、なぜか送れない。

エラーが出てしまう。

ネットバンキングで手続きをしていたので、
「助けが必要なら、こちらまで電話を」
というメッセージが出ているものの、
英語で電話はちょっと厳しい。


ということで、担当者にメールを送ってみた。

HSBCはプレミアムアカウントを持っていると、
各国で担当者が付く。

そこで、何が問題になっているかをメールで聞いてみることに。



結果として分かったのは、
HSBCの自分の口座同士をつないで送金するグローバルビューでも、
1回に12,000ペソ未満しか送金できないらしい。

12,000ペソではエラーが出たので、
どうやら未満ということのよう。


これでは5万ドルを送金するのに5日もかかると思ったら、
連続で送金可能だった。

セキュリティ上の配慮なのだろうが、
いまいち意味がないような・・・。



毎回1万ドルを送金しようとしたら、
「前と同じ金額ですが、これで本当にいいのですか?」
というような意味合いのメッセージが出る。

1日に送金できる回数制限かと思ってドキッとしたが、
よく読んだらそういうことだった。


ということで、
5回に分けて5万ドルの送金完了。



ついでにHSBCフィリピンの香港ドル口座にも
100香港ドルだけ入れておいた。

口座残高が0のままだと香港ドル口座が閉鎖されるので、
とりあえずそれを防ぐために。



これで初のHSBCフィリピンへの送金は完了した。

やはりグローバルビューだと一瞬で済むし、
送金手数料もかからないのでその点は楽。

送金制限の金額だけ覚えておけば、
何回かに分けて資金を移動させればいいだけだし。


ということで、
HSBCフィリピンへのグローバルビューの1回の送金制限額が
12,000ペソである旨を備忘録として残しておこうと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ