香港に降り立った日から自由度が上がった




会社員と思われる人々の目に、妙に力がみなぎる街。

それが香港の第一印象だった。



日本にいた時に見ていた疲れたサラリーマンとは雰囲気が違う。

経済成長を終えて成熟期に入った国と、
現在進行形で好景気が続く国の違いをまざまざと見せつけられた。


その勢いを自分の資産形成に取り入れるため、
香港の街に降り立った。

HSBC香港の口座を持つことで、
不自由だった各国への資金移動をスムーズにするために。


そして、25年間をかけて自分で年金を作るために。



あの時が投資家として、
本当の第一歩だったとすら思っている。

何しろ、そこから私の投資活動は加速したし、
今ではHSBC香港は資金移動の要なのだから。




毎月、日本で得た収入をHSBC香港へ送金。

当面使う予定のないお金は香港ドルに替えておき、
日本円のリスクを避ける。

翌月以降も日本円で収入が入ってくるので、
為替リスクを集中させないために。


そして、必要に応じて各国の銀行や投資先に
HSBC香港から資金を移動する。

今では鉄板のパターンになった。




あの時も5月だった。

ゴールデンウィークではなかったと思うが。

そもそも祝祭日の感覚がないので分からないものの、
土曜日だったことは覚えている。


HSBC香港は土曜も営業している。

実際問題として、
土曜でも平日でも私には関係ないので、
偶然ではあったにしても参考にはなった。



そして、来月5/3の土曜日、ゴールデンウィーク中のこの日に
新しい一歩を踏み出すのであれば、
私も香港で合流予定。


会社の愚痴でも、上司の悪口でもなく、
この日は未来について語り合いたい。

「現在」でも「これまで」でもなく、「これから」について。


海外という非日常の中で集まるからこそ生まれる
開放感や高揚感と共に交わされる会話。

その熱はこれまでにも何度も経験してきた。

あの心地良い時間を、
5/3には香港で送れればと思う。


もちろん、投資修行のために回った各国の状況も
聞いていただけば色々語らせていただく。





去年、一昨年のゴールデンウィークさえ
記憶に残っていないかもしれない。

仮に思い出せたとしても、
胸を張れるかどうか・・・。

正直、私はサラリーマン時代に
有意義なゴールデンウィークを過ごした記憶はない。



今年だけは毎年の不毛な過ごし方を中断して、
人生の新たな一歩を踏み出してみてはどうかと思う。

これからの未来のために、
まずは自由に資金を移動できる状態にするための
HSBC香港の口座開設。

国に頼らずに未来を自らの手で守るための長期積立。



これらを香港でスタートする場合、
香港で金融の資格を持つプロフェッショナルが
万全のサポートを組んでくれる。




せっかく香港に来るなら、
グルメや観光も楽しんでほしいし、
フェリーで足を伸ばしてマカオという手もある。

1時間ちょっとで到着するので。


ゴールデンウィークを香港、マカオで過ごし、
その内の1日だけ将来のために使う。

今年はそんな使い方をしてみてはいかがかと思う。



10年後の自分に誇れる過ごし方。

そんな1日を送ってみるのも面白い。




メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ