ホストファミリーとうまくいかないとホームステイはつらい


私が聞いたホームステイの経験者の話だと、ホストファミリーとすでに2日目で仲たがいをしてしまって、4泊あるうちの残りの3日は針のむしろに居る思いだったという。

2日目に喧嘩をしたというのも大した理由でもなくて、シャワーを浴びている時間が少々長かっただけという。

それも特に長いというだけでなく、せいぜい15分程度だったということなので、水の消費に対する感覚の違いが原因だったと思われる。

そのホストファミリーはオーストラリアの人たちで、そこに行ったホームステイの人は日本人だった。

おそらくは、1日目から何らかの不満が募っていて、最初からギクシャクしたところはあったという。

ホストファミリーの方も協力的な雰囲気はなく、最初からつっけんどんなところがあったという話を聞いている。

それを耳にして最初に思ったのは、このホストファミリーは、お金だけを目当てにしてホームステイの留学生を受け入れていて交流を楽しむという気持ちがまったくなかったのではないかということ。

これは特殊な話ではなくて仲介をしている団体が、ホストファミリーに払う報酬を目当てにしていることは多い。

これはこれで1つのビジネスではあるかもしれないし、即、非難されなければいけない筋合いではないものだと思う。

ただ、本来のホームステイの目的からすると完全に外れている行為であることは間違いない。

少なくともその日本人は、オーストラリアに対する好意が消えてしまったというし、海外に出るということにも恐怖感を感じてしまったという。

しかも、初めての海外旅行でもあったので、なおさら、カルチャーショックが強く、もうそれからしばらくは、外国にいきたくないという思いまで抱えてしまった。

本来であれば、ホームステイを境にしてより国際的な感覚を身につけるはずだったが、結果的には全くの逆効果になってしまった。

残念なことにどの国にも嫌な人間というのはいるし、非礼であったり、思いやりがないということも多い。

まして日本のおもてなしの心を海外の人たちに求めるのは、無理である。

そう考えると、ホームステイに行くときはよほどしっかりと宿泊先の家族の評判を調べてから決めるとかあるいは、コミュニケーション能力を磨いてから行くとか自分自身の心身の鍛錬の場と考えていく必要がある。

あまり浮かれた気分でいかにも楽しそうに、ホームステイを語る人もいるがそこには落とし穴があるということも事実。

もちろんそういった家族というのは一握りかもしれないし、基本的には快く訪問者を受け入れてくれることが多いというのも事実だと思う。

しかし、常に例外はあるし、数日間の宿泊ということになればそれなりにストレスも募る。

ホテル暮らしとは違って、同じ屋根の下で過ごすことになるので食事も一緒に過ごすことになる。

完全に無言でテーブルを囲む食卓というのは気まずいものだし、現実にそうした話も聞いたこともある。

さらにいいうと、本来空港までの送迎をしてくれるという約束だったのが、もう帰りは自分で帰れと言われ、しかもタクシーを呼んでもらうこともできず、タクシーが全く止まらない道を1時間以上も歩いてようやくタクシーを拾うことができたという留学生もいた。

こうした悪質なホストファミリーが存在するということもホームステイを考える上では知っておいた方がいいだろう。


プロフィール
プロフィール
伊田武蔵
最近の記事

記事一覧

記事一覧

ページの先頭へ