タイのホワヒンの食事はレベルが高かった




リゾートに行った場合、満足度の鍵となるものの一つに食事がある。

いかにもといった具合に開発されきっているリゾートであれば、食事が美味しいのは当然のことだが、その分だけ料金も上がることになる。

リゾート価格というのは、一般に首都のような大都市よりも、更に上がることになるので、味はよくてもコストパフォーマンスはそこまで高くないというのが一般的。

ホワヒンというのが、どのくらいのレベルのリゾートかというのは、事前に下調べもしなかったので、よくわかっていなかったが、タイの王室のゆかりの地ということを考えると、最近になって開発されたというよりは、昔からリゾートとして親しまれたのではないかと思う。

そして、この場所の食事のレベルがどうかということだが、われわれは毎日、ホテルで食事をしていたので、町のレストランのレベルというのは、全くわからない。

しかしながら、ホテルの料理のレベルというのは高く、例えば、バンコクで食べるのとほぼ同じレベルの料理が、2,3割増しぐらいの料金で提供されている。

リゾート価格としては、それなりに良心的だし、味も十分に満足できるものだった。

特に今回、一緒に行った友人と私は、フィリピンのリゾート地にも一緒に行ったこともあったので、そことの比較というのも話題になったが、やはりホワヒンの方が葉ものの野菜であるとか、キノコとか、香草とか、そういった緑のものがたくさん使われていて、鮮度も高く、その点においては軍配が上がるという結論に至った。

逆に言えば、フィリピンのリゾートというのは、まだまだそこら辺に発展の余地が残されているということになる。

しかしながら、海のレベルというのは全く逆で、先日行ったモホールやパングラオの方が遥かに透明度が高く、友人は水着と海中眼鏡を持ってきていたが、ホワヒンの海に潜ることはなかった。

確かに、あれだけ濁った海だと、わざわざ海に入ろうとか、水中を眺めてみようとは思わない。

あくまでもビーチでデッキチェアに座って、くつろぐというのが妥当な過ごし方のように思えた。

ホワヒンで食べたフレンチオニオンスープであるとか、サーモンとマグロの2色のソース和えとか、バナナシェイクとか、そういった料理の中で大きく外れたものは見当たらなかった。

何しろ食事というのは、基本的な生活の一環なので、この部分に難があると、かなり困ることになる。

その例がマレーシアで、店はたくさんあっても、正直あまり食べるものがないというか、微妙な感じがする。

それに比べてホワヒンというのは、食べ物がとても美味しいので、そういった意味で言うと、長居したとしても全く苦にならないレベル。

もちろんリゾート価格なので、コストは高くなってしまうが、数日間滞在するにはとても楽しい場所だった。

今回は、バンコクに丸々一ヶ月滞在する予定でいたが、最後の約一週間をホワヒンで急遽過ごすことになり、予定を変更した価値が十分にあった。

友人からは、私がバンコクに来ることがなくて、誘われなければ当面行くことはなかっただろうと言っていたが、私としても友人の海に行きたいという言葉がなければ、おそらくホワヒンには一生来なかったと思うので、とても面白い体験だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ