カタコトの英語でHSBC香港の口座開設の際の質問に答えられた理由




時々受ける質問として、HSBC香港の口座開設の際に、英語の質問に答えられないと、審査に落とされるという話があるが、その点をどうしたかということがある。

私の場合は、残念ながら英語がペラペラなわけではなく、カタコトでどうにか意味を伝えられたり、あるいは相手の言ってることがわからなかったりといったレベルなので、かなりその部分には不安はあった。

特にHSBC香港の場合は、英語または中国語はわからないと、口座開設を拒否されることがあり、その点がネックになっている。

担当者が英語でリスク体制等の質問をしてきて、それを録音するといった流れもあるので、尚更緊張する人が多い。

しかしながら、私が無事にHSBC香港の口座を開設できたのは、サポート会社の助けがあったということが、少なからずプラスに働いている。

というのも、事前に想定される質問というのを、教えてもらっていたので、それを参考にしながら相手が言っていることを理解すればよかったし、質問の時にも、サポート会社の人が側にいてくれたので、時々通訳をして話しを進めてくれた。

但し、この通訳が可能かどうかというのは、時期によって異なり、HSBC香港の中でも、英語ができない人への締め付けを厳しくしている時期については、かなり厳格に禁止されていると聞く。

これは現地で実際にサポートを行っている人の話なので、実態にかなり沿ったものと思われる。

但し、同時にその人が言っていたのは、質問というのはほぼ定型のものであって、特に録音する際のリスク体制への質問というのは、もはや内容が決まっているので、事前に打ち合わせをしておくことによって、英語が苦手な人でも、口座開設ができるように、サポートしているということだった。

その為、時期を調整できるのであれば、HSBC香港の内部通達によって、英語ができない人への審査が厳しくなっている時期を外した方がいいし、たまたま渡航する時期がそういったタイミングと、一致してしまったのであれば、綿密な打ち合わせをして、当日に臨んでくれるようなサポート会社に、依頼をすることによって、英語力の不足を埋めておく必要がある。

更に言えば、サポート会社によっては、複数の支店の担当者のコネがあるので、1つめのところが駄目でも、すぐに別の支店に行って、そこで再チャンスを得たりといったこともできるし、1回ダメだったからそれによって、全てチャンスが閉ざされてしまうということではない。

わざわざ香港まで行くのであれば、失敗して帰国するようなことは、ないようにしたいところなので、アフターフォローも含めて、その辺りをしっかりと必要に応じてサポートをしてくれるような業者がいるのは、とても心強いところ。

私自身も、国によっては、自分一人で銀行の口座開設をしたこともあるが、その後の使い方の理解も含めて、やはりサポートがあるというのは、非常に助かる。

特にネットバンキングが問題を抱えて、一時的にアクセスできなくなった時の解決策等は、専門家ではない限り、なかなかわからないところなので、自分でなんとか強引にどうにかしようとするよりは、その道の人に頼んでしまった方が遥かに早く、そして確実に解決することになる。

下手にカタコトの英語で、カスタマーサポートに連絡したりしても、かえって話がこじれて、解決が遠のいてしまう例もあるので、そこら辺は注意したいところ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ