HSBC香港の審査は再びゆるくなってきている




2015年の頭あたりから、HSBC香港の審査が非常に厳しくなっていて、新規の口座開設の際に、英語又は中国語を話さないと、断られることが多くなってきているという。

これは、2015年に始まったことではなくて、これまでも過去に何度か同様の通達が銀行内で出され、一時的にチェックが厳しくなっては、なし崩し的に緩くなっていくということを繰り返していた。

正に波のようなもので、タイミングによって、口座開設の審査の厳しさというのは、推移してきている。

今回についても、同様の傾向があって、もうすでに今の段階においては、かつてのようなHSBC香港側の口座開設に対する審査の厳しさは、なくなりつつあるという風に聞いた。

先日東京に一時帰国した際に会った人の中にも、審査が厳しかった3月に、無事に口座を開けたという人もいたし、準備をしっかりしていくか、もしくは語学力があるのであれば、今でもそれほど難しいことではない。

しかしながら今後、こういったグダグダなパターン化した波が継続するのか、それともHSBC香港側が本腰を入れて、語学力のない外国人を配慮しにくるかというところは、何とも言えないところ。

事実、既存の口座保有者に対して、予告なしに電話をかけてきて、語学力を試し、そこに問題があったら、口座を凍結するという事例も報告されている。

そういったことを考えると、HSBC香港側も、徐々に本気度を増してきているのではないかという風に感じている。


審査が厳しくなる背景

日本人の感覚からすると、銀行口座を開設するということは、お金をかけずにできることだし、銀行側にとっても、特にデメリットはなさそうに感じる。

むしろ預金者を集めることの方が、重要ではないかと思うが、そうとも言えない状態が存在しているからこそ、HSBC香港側も審査を設けているというのが実際のところ。

ではその事情とは、どういったものかというと、まずHSBC香港の場合、プレミアとアドバンス、そしてパーソナルインテグレーテッドという3つの種類の口座がある。

パーソナルインテグレーテッドは、以前にはスマートバンテージと呼ばれていたもの。

これらはそれぞれに、最低預金額とそれを下回った場合の、口座維持管理手数料というものがかかる。

例えば、プレミアの口座の場合であれば、最低預金額が100万香港ドルで、それを下回った場合の、口座維持管理手数料は、月々380香港ドル。

これがアドバンスになると、20万香港ドルの最低預金額と、それを預金額が下回った場合には、毎月120香港ドルの口座維持管理手数料がかかり、パーソナルインテグレーテッドだと、もっともハードルが低く、最低預金額は1万香港ドル。

口座維持管理手数料は、60香港ドルということになる。

つまり最低預金額を下回っている場合、毎月の口座維持管理手数料がかかることによって、どんどん口座からお金が引き落とされていく。

そして、この金額がマイナスになってしまい、ある一定額までいくと、口座閉鎖ということになるのだが、こういった手間というのは、銀行側にとっても負担になる。

そして多くの日本人がHSBC香港の口座開設を皮切りに、海外投資をしたりとか、あるいは海外で資産を運用したりしようとするものの、そのまま放置して、使いこなすことなく、終わってしまっているという現実があり、それをHSBC香港側も危惧している。

こういったことがあるので、せめて連絡がちゃんと取れる人を、確保しようということで、HSBC香港側も時に審査を厳格に行う時期というのを設けている。

銀行の上層部が、どこまでも本気度なのかはわからないし、揺さぶりをかける程度のつもりなのか、あるいは本気で取り組んでいるのに、現場がうやむやにしてしまうので、短期的な対策にならないのか、その点は不明だが、いつまでも今の審査基準が続くと確信できる理由は何一つない。

そう考えると、早い段階で口座を持っておくというのは、重要な対策となる。

尚、口座開設のサポートをしているプロの話によると、口座の残高が2000香港ドルぐらいの借越しになってくると、閉鎖されることが増えるらしいので、せっかく口座を開設し保有しているのであれば、残高について確認しておくことで、凍結や閉鎖といった結果を招くことは避けておきたいところ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ