HSBC香港は海外送金の要になっている


他の国への送金においてHSBC香港は中心的な位置づけになった。

以前は別の銀行を使っていたが、
とにかく日数がかかる。

日本からそこに着金するのも遅いし、
別の国に送るとまた時間がかかり、
合計で15日ほどかかるようなことも。

これでは迅速な資金移動なんてできないし、
お金が宙に浮いた状態が続くので
無事に送金できたかの管理も大変。



ということで、
今では毎月日本からHSBC香港に送金し、
そこから必要に応じて他の国に割り振っている。

以前に住んだマレーシアやフィリピンにも
HSBCの口座があるので、
これらの国にはグローバルビューで即時に
資金を移動することができる

手数料もかからないので、これは助かる。


今では住んでいないマレーシアとフィリピンだが、
旅行で訪れた時には重宝する。

やはり手数料の面で有利なので。



他にシンガポールも口座を開設したので、
同じく旅行の時には使える。

ただ、その後訪れる機会がなかなかないので、
長らく放置されている状態。

個人的には、
アジアの航空のハブはシンガポールではなく、
バンコクに担ってほしいのだが・・・。



それはそうと、
グローバルビューで送金する場合は、
HSBCだと一瞬で反映されるのでスピードも早いし、
手数料が無料というメリットがある。

それ以外の銀行については、
もちろんそうはいかない。

それでも他の銀行に比べると使い勝手はいい。



マレーシアのRHB銀行やフィリピンのBDO銀行も開いたが、
HSBC香港ほど海外送金がしやすくないし、
基本的な使い勝手もそこまでのレベルではない。

ただし、HSBCならどこの国も優秀なわけではなく、
フィリピンならBDO銀行の方が安心。

国をまたぐと別物という扱いなので、
それぞれの国で業務のレベルも違う。

香港は優秀だが、フィリピンはひどい。



そんな裏事情もあるので、
使う国によっては使い勝手が良くないし、
HSBCというブランドだけで信用するのは危険。

これは私もフィリピンで痛いほど味わった。

むしろ世界的に展開する銀行が、
ここまで品質を落として信用を失わないのか
心配になるぐらいだが・・・。



各国に展開するセブン-イレブンも、
国によって品揃えの内容や商品の質が違うし、
こういうものと納得できる部分もある。

ただ、単なる小売のコンビニと、
信用第一の銀行という金融機関の場合では
ずいぶん毛色が違ってくる。

もう少しまともなオペレーションを
フィリピンでも行った方がいいのではないかと思う。



話がそれてしまったが、
HSBC香港については送金にしてもそうだし、
基本的な資金の移動先としても重宝している。

日本国内にお金を置いておくよりも、
余剰資金は一度海外に移しておいて、
そこから各投資案件に割り振るようにしているので。


これだけインターネットが普及している時代だし、
自分のお金を海外に移すのなんて簡単だと思っていた。

しかし、実際は使い勝手のいい銀行に口座を持たないと
大変な手間がかかることを
海外生活や投資を始めてから実感した。


環境を整えない限り、
お金の移動を自由にすることもできない。

となれば、その環境を作るだけ。


幸い、サポートを受けたおかげでスムーズに口座開設もできたし、
今後もHSBC香港は中心的な位置付けであり続ける模様。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ