人生の不安がすっかり消えてしまった理由




未来のことをあれこれ悩む性格だったので、
人生において不安は付き物だった。

これから先に何が起こるのか、
どんな問題に直面するかを考えると心配になる。

どうにでもなるという楽観的な性格の人とは
根本的な思考回路が違うのだと思う。



20代は将来のことを考えて行動し続けた期間だった。

これから先の人生の不安を少しでも解消するために。


たとえば、サラリーマン時代。

入社した会社で上司のパワハラにあい、
面識のない先輩社員達と同じように早々に退職を考えたものの、
再就職先や今後の経歴のことを考えて思いとどまった。

当時はサラリーマンとして給料をもらうか、
バイトをしてバイト代を稼ぐぐらいしか
お金の稼ぎ方を知らなかったので、
そんな狭い視野で物事を見ていた。


毎日が苦痛だったし、
後輩が入ってきた時も3ヶ月と続かずに辞めていった。

それでも将来の不安を考えると、
人生設計という名の自己保身で退職できなかった。



その後、独立した後にはビジネスを軌道に乗せることが第一になり、
サラリーマン時代の役員の報酬を超えた後も
ひたすら仕事をしていた。

一生働かなくても遊んで暮らせるぐらいの資産がないと
安心は得られないものだと思っていた。

これから先の人生には不安もある。


事故にあって仕事ができなくなるかもしれない。

そもそも、ビジネスの継続性について
最初から確信があったわけではない。

その時にできることを全力でやっていただけ。



そんな私だったが、30代になって人生観が変わった。

仮にビジネスが潰れたとしても、
なんとかなると思えるだけの地力は付いた。

新しい収入源を確保することは難しくないし、
生きていける程度なら不安を感じることもない。



とりあえず現在の資産で何年か生活水準を落とさずに暮らせるので、
その間に次のビジネスが作れないことはありえない。

人生に不安がなくなったのは、
当面の生活費の心配がなくなったことと、
自力で生きていける確信を持ったのが理由だった。


サラリーマンを続けていたら、
この確信を得るのは難しかったはず。

年齡が上がるほどに転職市場でニーズがなくなるわけで、
どれだけスキルを上げても不安が残る。

しょせんは他人に評価される世界なので、
能力だけでやっていけるわけでもない。

そして、他人との出会いには運の要素もある。



そう考えると、個人で生き抜ける力を持てたのは
私にとって最適だったのではないかと思う。

他人のお仕着せには昔から抵抗があったし、
自分の人生をコントロールできるようになりたいと思っていた。

その上で失敗したとしても、後悔はしなくて済むはず。


少なくとも、他人の指図で生きて
取り返しのつかない年齢になるよりは。



今は日々の生活の中で、将来の不安を感じることがなくなった。

生きていくコストの安いマレーシアやフィリピンでの
移住生活を体験したことも大きい。

月に10万円もあればそこそこの暮らしができるので、
大きな稼ぎが得られなくなっても
人生が悲惨なものになるわけではないと実感できた。


知識や経験が増えていくほどに選択肢が増えていく。

稼ぐチャンスも増えるが、
生活レベルを下げずに支出を抑える知恵も身につく。


それが将来の安心感につながっている。



これからの人生に不安を感じないということは、
それだけ「現在」に集中できるということ。

20代の頃にはなかった感覚があるからこそ、
各国を飛び回りながら好き勝手に暮らしていられる。

その感覚は当面揺らぐこともなさそうだし、
今のうちにより多くの経験をしておければと思っている。


数年先まで暮らせる余裕を

独立し、海外に移住して変わったことは、
収入は増えて支出は減ったということ。

私の場合は豪遊したりすることもなかったので、
収入と比例して出費が増加することはなかったし、
日本を離れてからはその傾向が加速した。

何しろ生活費が安いわけなので。



そのため、向こう数年というか、
そこそこ節制するという前提なら10年以上は
問題なく生きていけるだけの資産ができた。

将来や人生に不安を抱えている人の場合、
少なからず仕事やお金の面で心もとない思いをしていたりする。

しかし、仮に失業して数年間収入が途絶えても
平気で暮らしていけるようになってしまうと、
心配から解放されることができる。


恐怖を抱いていれば、
そこにフォーカスしてしまうのが人間の心情。

まずは安心感を得ることによって、
冷静に様々な生き方を模索することができる。

お金よりも重要な時間という資源を無駄なく活用するためにも、
不安から解放されるというのは重要なことになる。


不安の種は分散する

投資の世界の格言として、
「1つのカゴに全ての卵を入れるな」というものがある。

つまり1つの案件に全資金をつぎこむような
ハイリスクなことをしてはいけないということ。


これは投資以外のことについても言える。

たとえば、収入源が会社だけだったら、
リストラや倒産によって路頭に迷うことになる。

事実、そうした人は大勢いる。


また、経営不振による賃金カットやボーナスカットでも、
マイホームの住宅ローンを払えなくなったり、
子供の教育費に困ったりすることも。

収入源が1つしかない人生は、
大きなリスクを背負った賭けになってしまう。

しかも自分でコントロール出来ない部分が多ければ、
ますますリスクばかりが大きくなる。



人間関係にしても、1人の人にすべてを託す状態は
どうしても不安が大きくなる。

たとえば友人が1人しかいなければ、
その存在は嫌でも大きくなる。

ある程度意識を分散できる程度、
大人数である必要はないが、
やはり気持ちを支えてくれる人は複数いたほうがいい。



資産も当然分散しておく必要がある。

例えば、日本円での資産しかなければ、
円安になっただけで価値が損なわれていく。

だからこそ、私は8ヶ国に資産を分散している。

ここまですれば、為替が動いても怖くない。

特定の国のカントリーリスクを背負いすぎることもない。



人生の不安を取り除くには、
コントロールできているという感覚(と事実)を持つこと、
そしてリスクを分散することが効果的。

実際、その2つが備わってからは、
将来に必要以上の恐れを抱くことがなくなった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ