シドニーでハングリージャックに行ってみた




ケアンズの国際空港の中に入っているハンバーガーショップに、行列が出来ていたのを覚えている。

その店の名前はハングリージャックというもので、日本で言うマクドナルドのようなもの。

勿論、シドニーやケアンズにもマクドナルドはあって、それのライバル店ということになる。

おそらく日本で言えば、ロッテリアとかバーガーキングのような位置づけになるのではないかと考えるが、こちらも少し気になったので入ってみることにした。

ハンバーガーではなくホッパーと呼ばれるものがポテトとドリンク付きで800円。

こちらはバンズとパティがあってそこにレタスやトマト、それから若干オニオンが入ったというシンプルなもの。

それでこの価格なので、やはりオーストラリアというのは物価が高いということを感じる。

味はどうかというと、フィリピンのジョリビーのように露骨に甘いとか、その国の特性を反映しているという感じはしない。

比較的マクドナルドに近い味というか、どちらかというとバーガーキングに近い雰囲気ではないかと思う。

ややタレの味が目立っていて、そこら辺はこちらで人気と思われるポークロールにも通じるところがある。

個人的にはそれなりに好きな味だとは思うが、残念ながらバンズの部分が全く合わなかった。

何だかスカスカしているし、久しぶりに食べるファーストフードというのは思ったほど美味しいものでもなかった。

但し、こうしたファーストフードというのは世界各国で似たようなものが提供されているので、物価を知る上ではかなり参考になる。

実際、ビックマック指数というものがあるくらいなので、そこら辺が如何に注目されているかということは想像に難くないところ。

そういった意味でもあまり好みではなくても、一応物価の調査ということでこういったファーストフードというのは出来るだけ見てみることにしている。

今回の率直な感想としては一度入れば十分だと思うので、これから特にハングリージャックに食事に行くという予定はない。

それ以外にこちらで手巻き寿司などを食べてみたが意外に美味しく、昔子どものころに食べた小僧寿しとかそこら辺の味を彷彿とさせる感じだった。

逆に言うと本格的な寿司としてのクオリティではないものも多いということで、あまりイメージにとらわれずに気楽に楽しむということであれば、それなりに美味しい米も食べられるので良いのではないかと思う。

逆に本格的な寿司が食べたいということになると、今のところシドニーに来てからもそれらしい店というのは見かけていない。

却って東南アジアの方がそういった店には恵まれているのではないかと感じているが、そこら辺はまだ現地に来てから日が浅いので、何とも言えないところ。

実際は私が知らないだけでそういった店というのも充実しているのかもしれないし、魚介類に関してはオーストラリアなら充実しているはずだし実際、フィッシュマーケットと呼ばれる観光地もあるので、そこら辺も気が向いたら行ってみたいと思う。

このフィッシュマーケットというのは日本の築地市場に次ぐ、世界かもしくはアジア、オセアニア地区の中で二番目の漁獲量の市場と聞く。

新鮮なものが食べられるということもあって、そこに観光客が集まるというのも築地市場に似ているところ。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ