ふるさと納税を活用すると節税しながら特産品を楽しめる


ふるさと納税の制度が若干おかしなことになっている気が・・・。


一部の地域ではふるさと納税をすると特産品をもらえることになっている。

支払額に比べて小さな金額であれば
ちょっとしたインセンティブとしていい気もするものの、
決して小さくない景品になっている現状が。


たとえば、こんな感じになっている



ふるさと納税が出身地しか対象にならないのなら、
まだ許容範囲かと。

ただ、実は好きな地方自治体に納税できるので
実質的に特産品目当てで支払うことが可能になっている。

ふるさと納税の分は所得税や住民税から控除されるので、
(ただし2,000円を越えていることは必須)
税負担とほぼ相殺することができる。


「ほぼ」というのは、丸々ふるさと納税の金額ではなく、
いくらか差し引かれることになる。

たとえば、10,000円のふるさと納税をして、
税金の控除分が8,000円といった具合に。




ふるさと納税自体は名前に反して寄付扱いのようなので、
若干特殊な話になっている。



ここでチャンスなのは、
普通に税金を払うよりもふるさと納税を使って
特産品をもらうほうが得な場合があるということ。

上記サイトの通り、
もらえる特産品はかなり豪華。

しかも贈答品として別の住所に送れるケースもある。



税金の使い道としてどうかという疑問はあるものの、
行政上このような運用がされていて、
各地方が正式に採用している制度ということで
日本に住んでいるなら上手に活用したらいいのではないかと。

ちなみに、複数の地域にふるさと納税をすることも可能ということで、
ちょっとした特産品祭り状態にすることもできる。



個人的には愛媛県新居浜市のハタダ栗タルトセットが気になる。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ