3年ぶりの一時帰国でやっておいたこと


初めての日本への一時帰国は3年ぶりとなった。

マレーシアに移住して以来となるが、
その後にフィリピンに移り、
さらには自宅を引き払って定住すらやめてしまった。

まさか、こんなことになるとは(笑)。



それはそうと、次に日本に来るのもいつになるか分からないので、
一時帰国中に色々と用事を済ませておくことにした。

まずは歯医者へ。

健康保険はないので、全額自費治療となる。


1日だけ住民票を戻し、
健康保険を使う方法も考えた。

しかし、手間もかかるので止めることに。

特に歯に問題があるわけでもなく、
あくまで歯科検診が目的なので自費で払うことにした。


1軒目の歯医者はすでに予約が満員で、
他の日は都合が悪いので無理だった。

近くに新しい歯医者ができていたので、
そちらで聞いてみたところ、
その日のうちにやってもらえるということ。


それにしても、
健康保険がないことを伝えるときには、
海外在住で一時帰国である旨も話した方がいい。

どうも健康保険を払っていないとか、
不審者と最初は思われていた節があるので。

関わり合いになりたくない厄介者と思われないために、
「海外に住んでいるので健康保険がない」ということを
一言添えておくと話がスムーズに進む感じを受けた。



結局、歯石を取ってもらったのも含めて約1万円。

消費税の分だけ、
若干1万円を超える程度だった。

数年に一度の費用として考えると、とても安い。


特に歯や歯ぐきに異常はなく、
このままでいいらしい。

良かった。



海外で外国人向けの病院に行くことはあるが、
やはり歯医者は日本で済ませたい気持ちが消えない。

特に歯科医院の看板に牙という文字を使うマレーシアは
動物病院のようで恐怖が残る。

ということで、
一時帰国の機会を利用することにした。



歯医者以外ではとにかく人に会うことを意識した。

私の場合、コンサル先の企業であったり、
コンサル生だったり、
世界4大自由倶楽部のメンバーだったり。


特にコンサルだったり関わっている企業については、
先方の担当者は特に必要としていなくても、
決裁権者に安心感を持ってもらうためにも
たまには顔を出した方がいい部分がある。

実務上のやり取りはネットを介して行えても、
企業によっては対面でのやり取りを重視する文化である場合もあるので。

私も3年間日本に戻っていなかったので、
一時帰国した時には顔ぐらい出してもいいかと。


それで担当者としても
社内で余計なプレッシャーにさらされなくなれば、
こちらとしても仕事がしやすくなる。

そのような趣旨で珍しく挨拶回りに行くことにした。



あとは個人のコンサルであったり、
オフ会も行った。

先日は香港でもオフ会を行ったが、
やはり圧倒的に人が集まるのは日本国内。

特に東京だと希望者が多く、
事前に参加希望のアンケートを取ったら131名から返信をもらった。


さすがに全員を集めても話ができないので、
急遽回数を分けて実施することに。

さらに自己紹介の記入等のハードルを設け、
本気の人に絞ることにした。


実は、一時帰国前にもっとも大変だったのは、
このオフ会の日程調整だったりする。

一度に大規模なものを開くのと違い、
人数を限定して回数を増やしたので
参加者の割り振りで苦労した・・・。



こんな活動をしていたが、
日本を出る前に買ったものは特にない。

一時帰国のあるあるネタのように語られる
日本の食品も買っていない。

実際のところ、日本人が多く住んでいる国だと
日本の食材店がある。

割高であるのは事実だが、
味噌汁から調味料、お菓子に至るまで置いているので、
わざわざ持っていくほどのことではない。


まして、私は住所がない身。

転々としながらホテル暮らしをするのに、
荷物を増やすのはマイナスそのもの。

わざわざ食べ物を買って帰るようなことはしなかった。



ということで、日本に一時帰国をしたと言っても、
取り立てて様々なことをしたわけではない。

歯のメンテナンスをした以外は、
個人的な出来事があったぐらい。


事前に色々考えたところで、意外にそんなものだと思う。



ついでに書店や日本の店を見てトレンドを確認したりもしたが、
そこまで変化があるわけではない。

想像を越えるものが次々に飛び込んでくるわけもないので、
案外刺激が少なかった。

やはり慣れない国に行くほうが頭に流れこむ情報量は多い。

一時帰国を通し、そんな感覚だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ