イギリス暮らし歴7年の人に話を聞いてみた




イギリスのロンドンに暮らして、7年以上になるという人に、話しを聞く機会があった。

元々私も初めて訪れたヨーロッパの国が、イギリスであったこともあり、この国には少なからぬ縁を感じている。

他のヨーロッパの多くの国とは違い、ビザなしで6ヶ月滞在できるというのも、大きな魅力。

本格的にビザを取って移住をするのは難しいとしても、半年間のイギリス暮らしをするだけであれば、そういった手続きも必要ないので、かなり現実的な選択肢の一つとなる。

そこで今回は、将来的な移住の可能性なども念頭に置きながら、話を聞いていたのだが、そこら辺のことをせっかくなのでまとめておこうと思う。


イギリスの食事がまずいというのは過去の話

もはやイギリスの代名詞とも言える食事のまずさだが、ロンドンのレストランに入ってみると、そんなことはないというのが率直な印象だった。

確かに物価が高いので、非応対効果ということを考えると、あまり良いとは言えないが、純粋に味ということを考慮した時に、まずいという印象は特にないし、これだけの国際都市なので、世界中の料理を楽しむことができる。

一般的にヨーロッパの和食というのは、なんちゃって感がすごいので、ロンドンに関してもどうなのかはわからないが、少なくともそれ以外の私が食べたものに関して言うと、イギリスの食事がまずいというイメージはない。

現地で暮らしている人の話を聞いたところ、やはりロンドンの食事がまずいというのは、かなり過去の話で、現在はレストランに行けば、美味しいものが食べられるということだった。

但し、知人に招かれて、ホームパーティや家での食事に参加するような機会には、食べる楽しみはないものと心得ているそう。

やはり現在も、イギリスの家庭の食卓の味つけというのは、あまり美味しくはなく、テーブルで自分で塩コショウ等を使って、味付けをするぐらいのレベルなので、そもそも美味しいものをしっかりと料理して出そうという意志は、日本人や多くのヨーロッパの家庭のような感じでは、無いという話だった。

確かに、プロのコックが作るレストランの料理と家庭料理では、事情が違うのは当然の話。

しかも物価の高いロンドンにおいては、共働きが基本なので、専業主婦が時間をたっぷりかけて料理に集中するということはできないし、仕事の片手間で作るような形にならざるを得ない。

そう考えてみると、21世紀になっても未だにロンドンの家庭の食事がイマイチだとしても、それは仕方のないことなのかもしれない。

歴史的に連綿と続いてきた残念な味付けの文脈と、食事にこだわっていられない家庭事情や仕事事情を鑑みれば、ある意味やむを得ないことだと思う。

実際にイギリスに暮らすとしても、別に現地の人に料理を作ってもらって、生活するわけではないので、この辺りはあまり関係のないところ。


物価は東京以上に高い

今回話を聞いたのは、ロンドン在住の人だが、物価について言うと、明らかに東京よりもコストがかかるということだった。

これは旅行をしていても感じるところで、例えば1泊1万円ぐらいのホテルを取れば、ハンガリーやポーランドなら、そこそこの部屋を取ることができるが、ロンドンではギリギリシングルの部屋が見つかるかどうかで、スーツケースを広げるだけのスペースすらなかったりもする。

食事に関しても、例えば1000円で外食をしようと思うと、サンドイッチであるとか、マクドナルド等のハンバーガーとか、ファーストフード的な物しか食べられないことが多く、そこら辺もやはり非応対効果という面で言うと、あまりよくはない。

家賃に関しても、東京に住んでいた頃よりも、イギリス暮らしを初めてからの方が、5割増し程度になったということだったので、そういった点でイギリス暮らしには、総合のコストがかかるということは、覚悟しておかなければいけない。

とはいえ、オーストラリアのシドニーやメルボルンの方が、今では既に物価が高くなってしまっているので、そういった意味ではイギリスの方が、比較する国をオーストラリアに設定すると、お得感があるというのも一面の真理となる。


移民には厳しい目が向けられる部分も

ヨーロッパには、貧しい国や紛争地からの不法な移民も含め、多くの移民が流れ着くことで知られている。

アフリカや中東からの移民というのは不思議なもので、日本人の感覚からすると、彼らは貧しいから移民になっているという気がするが、不法入国をしているのは、必ずしもその国の最底辺ということではなく、むしろある程度豊になってくると、コーディネーターに支払えるお金ができるので、ちょっと豊になったぐらいが、不法入国者になりやすいそうだという。

そして彼らは、南側にあるスペインやイタリア、ギリシャ等にまずは漂着し、そこで移民としての生活が始まるわけだが、多くの人が目指すのは、ヨーロッパの中では貧しい国ではなく、イギリスやドイツに行くことを希望するという。

当然のことながら、得失すべき特殊な技能があるわけでもなく、単純労働しかできないような移民が大量に流れてくれば、イギリス国内の仮装所得の労働者の職が奪われることになり、国民の不満が高まる。

そういったこともあって、移民の標的にされているイギリスやドイツは、この辺りのことについては、かなり敏感になっている。

政府やイミグレばかりではなく、国民の間にも不満がくすぶっていたりもするので、正式にビザを取って現地で働いていても、外国人、更に言えば人種が違うものとして、差別的な視線を向けられたり、はっきりと文句を言われたりするような場面も、極稀にはあるらしい。

但し、元々イギリスというのは、ロンドンを中心に多国籍国家となっている部分があるので、極端に外国人や異なる人種を排斥しようという動きまでは、無いということだった。


居住地はロンドンか郊外か

イギリス暮らしをするといっても、ロンドンに住むのか、あるいはバーミンガムやビバプール、マンチェスター、オックスフォード等の地方の国に住むのか、更に言えば、もっと郊外の村に住むのか、といった様々な選択肢がある。

知名度のことを考えると、やはりロンドンが№1だし、利便性についても、おそらくは同じだと思う。

世界でも有名なサブウェイが張り巡らされ、移動についても非常に便利だし、買物や食事にも困らない。

大英博物館やナショナルギャラリー、帝都モダン、帝都ブリトゥンといった美術館は、無料で入場できるので、歴史やアートにも気軽に触れられる町ということになる。

一方で、本当にイギリスらしいのは、地方だと言われているところもあり、例えばガーデニングを世に広めた英国式庭園は、ロンドンよりもむしろ郊外が発祥とされている。

確かにロンドンではなく、あえて小さな村にしばらく滞在してみるというのも、非常に魅力的だし、コッツウェルズや湖水地方ではなくても、魅力的な村というのは、数多くあるらしい。

どちらか一方に絞るというよりは、タイミングで選んでもいいし、たまたまいいところが見つかれば、その流れで借りられる部屋があれば、住んでみるのもいいのかもしれない。

そもそもロンドンか、郊外かの2択ではなくて、両方に住んでみるという選択肢も当然あるし、そこら辺は移住する時に、うまく調整できれば良いと思う。

但し、個人的にはイギリス暮らしをする上で、地方にも一度住んでみたいし、そうでないのであれば、ロンドン等の大都市に住みながら、時々郊外に行くというような、ライフスタイルもいいのかもしれない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ