イギリス移住をした人に話を聞いてみた



イギリスに移住した人に話を聞くことができたので、その内容を載せておくことにしようと思う。


まずはイギリス移住の際にかかる費用の金額と内訳について。

以下はすべて、相手の人の話。

「私はユースエキスチェンジスキームで渡航しましたらすぐに仕事を見つけよう、仕事でお給料をもらいながら生活していこうというふうに考えておりましたので、はじめの貯金というのはそれほど大きな額ではありませんでした。

貯金とは別に一年オープンの飛行機代が15万円ほど、それからビザの申請にかかった費用が4万円ほど。

これは貯金とは別に用意をしておりました。

イギリスでは家を借りるときに家賃の1か月分から2か月分をデポジットとして最初に大家さんなどに預けるというのが普通のスタイルでして、ですので現地で直ぐに仕事を見つければやっていけるかなという方でも、最低でも家賃の2か月分の想定される額を貯金の中に用意をされておかれたほうが良いと思います。

私は50万円を最初の貯金として用意をしておりました。

そのほかに飛行機代、ビザ申請代ですので、だいたい約70万ぐらいを最初に自分の資金として用意をしました。

これはもちろんビザの種類によっても違うと思います。

たとえばイギリスで起業をしようと言うビザで行きたいという方は、まずそのビザを申請する時点で2000万の資金が必要というふうに書かれておりました。

これは学生ビザにしても、それから仕事で行かれる方にしても、ある程度はこれくらいの額は資金として用意してくださいという目安がイギリスのビザのサイトに書かれていたりしますので、まず最低額ということで、それだけあればこちらで生活していけますよという額になると思います。

ですので、だいだい移住にかかる費用がどれくらいかなと不安に思われる方はそういったビザのサイトや、それから情報サイトなどで最初に用意する最低額を確認されると良いかなと思います。」


当サイト執筆者、伊田武蔵が
海外移住の現実を無料セミナーで公開



イギリス移住をして失敗したと思ったこと


「私がイギリスに行きましたのが29歳の年でした。

それで向こうで30歳を迎えて帰国したんですけれども、この一年間のブランクというのはすごく大きいものですよね。

そして英語力もそこまで完全に仕事で100パーセント使えるというほど身にはついてなかったものですから、やはり次の就職先を見つけるというのが大変でした。

やはり英語力が多少アップしたというところですとか、イギリス国内でいろんな経験をした、いろんな人に出会った、そういった経験を重視してくれる会社もありますけれども、なかなか自分が選ぼうとすると、この一年のブランクが響いてしまって希望の会社に就職出来なかったりということはありました。

ただ失敗したとは言ってもですね、やはり自分が足を運んだところだとか、見たもの、聞いたもの、それから出会った人たちのことを思うと、あの期間というのはすごく自分にとって大きな経験、貴重な経験だったので、それを以って人生すべてが失敗したかと言われると成功ではあったのかなとは思うんですけども。

やはり年齢に限らず、あちらに行くというのは何年かブランクが空いてしまう。

そういったときにもしも日本に自分が帰ることになったら、て言うふうに考えるとイギリスに移住する、イギリスのみならず世界のどこかの国に移住するっていうのはリスクを伴うものですので、失敗しないように石橋を叩きながらというのも大事なのかもしれないんですけれども、失敗を恐れずに思い切り現地の生活をエンジョイするほうが良いのかなというふうに思います。


メールアドレス



イギリス移住生活に必要な語学力のレベルとは?


私は全く英語が分からない状態でユースエキスチェンジスキームで一年間滞在していて実感したんですけれども、生活の対応にもよりますけれども、正直なところ全く話せなくても暮らすことだけは出来るんだなと思いました。

実際に日本人ではなくて他国の人たちの中には移民が移民を呼んでという形で、全く話せなくてもその国のコミュニティーの中に居れば自国の言葉で暮らしていくって言う人もたくさん見てきましたし、そうでなくても今ってインターネットなどでいろんな情報を自分の国の言葉で仕入れることも出来ますのでそういった意味では全く英語なんて分からなくったって暮らしていけるもんだなと思いました。

但し、自分が仕事をしたいですとか、自分の趣味を広げたい、楽しみが欲しい、そんなふうに自分の暮らしをより豊かにしたいなと思ったときにはもちろん英語は必須ですね。

日常会話レベルって言われますけれども、その日常会話の範囲がどのくらいなのかっていうので、もちろん大切な単語だとか覚えなくちゃいけない用語だとかっていうのがどんどん変わってくると思うんですけれども。

自分がこんなことを楽しみたいな、こんな生活をしてみたいなと思うんでしたら、まずはそういった好きな方面からの英語をどんどん覚えていくのはどうかなと思います。

暮らしていれば自然に知らない単語でも何度も目にするようになると、あ、こういう意味なのかというふうに辞書を引かなくても分かってくることもありますので、そういった意味では、その環境に身においていれば勉強はしなくても語学力というものは自然についてくるもんだなとは思います。

ただ、あちらへ行って直ぐに仕事を探したいですとか、こんな仕事をしたいっていう理想があるんでしたら、できればネイティブレベルとは言いませんけれども、現地のイギリス人や他国の方々とストレス無くコミュニケーション出来るくらいの英語力は必要だと思いました。」


イギリス移住の際の免許の扱い




「私はユースエキスチェンジスキームで日本を発つ一週間ほど前に日本の免許試験センターで国際免許を発行していただきました。

これは一年間有効でしたので、滞在中はいつでも車やバイクを運転することが出来たのですけれども、残念ながらイギリスに滞在している期間中は結局、車は運転することはありませんでした。

それから、日本で国際免許を発行していかなくてもイギリスだと、テニスで有名なウィンブルドン。

あのウィンブルドンの辺りに日本で言うところの運輸局のようなものがありまして、そこでイギリス本国の運転免許証を発行してくれるというふうに現地で聞きました。

そこで現地の免許証を発行していただくためには日本でとった、所持している運転免許証を提出して、日本の運転免許証と引き換えにイギリスの本国の免許証を発行していただくという形だということです。

イギリス滞在中は日本で取った車ですとかバイクですとか多少大きな車ですとか、そういったものをイギリスでも運転することが出来るんですけれども、日本に帰国することになったので、もうイギリスの免許証は必要ないですよ、ということになれば同じようにそちらのウィンブルドンの近くにある運輸局のようなところに行きましてイギリスの免許証を返納して、そこでもともとの日本の免許証も返してもらうという形で出来るということですね。

イギリスは日本と同じ右ハンドルの左側通行ですので一見ドライブはしやすそうだなとは思っていたんですけれども、イギリス特有のラウンドアバウドという交通システムがとにかく難しそうで、ちょっとこれは車を運転する機会があれば一度は通ってみたいな、どんなものなんだろうなと思ったのですけれども、残念ながら結局、運転する機会は無く帰ってきてしまいました。」



イギリス移住までのハードル


「どんな形でイギリスに滞在したいかっていうことで内容は変わってくるとは思うんですけども、学生さんでしたら語学学校に行くためのビザを用意する、ワーキングホリデーでしたら、ユースエキスチェンジスチームのビザを申請する。

あちらで働きたいという方も居るでしょうし、それから起業したいっていう方もいらっしゃると思います。

それからスポーツとか芸術関係でビザをとって渡られる方というものたくさんおられました。

そういった方々によってハードルというのも変わってくると思うんですけれども、やはり何よりもビザを取るっていうのが大変だと思いますね。

近頃すごくイギリスでは移民政策を強く掲げてまして、とにかく移民を減らそうということでビザの審査が年々厳しくなってきています。

私が滞在していた一年間の間でも学生ビザの取り方、変わりましたし、私が帰国して直ぐにユースエキスチェンジスキームの内容ががらりと変えられましたし。

そういった意味でも年々、ビザの申請の仕方とかが変わってきていますので、そのビザの申請に関して、内容について、それから審査条件について、最低資金。

そういったものをしっかりとリサーチされてビザを取ることにまず専念されることが必要かと思います。

それからやはり移住ということは移民になりますよね。

ですのでどこか住んでいても劣等感っていうものは感じてしまうんですよね。

長く20年ほどイギリスに滞在している女性なんかにもたくさんにも会いましたけども、やはりどこか自分は日本人だなというふうに感じる、仕事をしていても日常生活をしていても、やはり西洋人ではないというふうな目で見られる。

そういうところの気持ちをクリアしていくというのも、ハードルの一つになってくるんじゃないかなっていうふうに思います。

とにかくビザを取得することが第一なんですけども、移住に際して強い意志を身に着けるっていうのも必要だなと思いました。」



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ