海外移住後の仕事について




リタイアして海外移住をする場合ならともかく、
まだ収入が必要な状態で移住したいのなら
仕事をどうするかが問題になる。

海外で暮らしたいと思いながら、
それを実現できない最も大きな原因は
仕事の問題ではないだろうか。



では、実際問題として、どのような選択肢があるのか?


まず、他人に雇われることを前提にした場合。

駐在員と現地就労がある。


駐在員とは、日本で就職した人が海外に派遣される場合。

ビザ等の手続きは会社がやってくれることが多いし、
日本での給料プラス各種手当てがつくため、
国内で働くよりも収入は増えるのが通常。

ただし、移住先や時期を選ぶことはできないため、
自分の人生をコントロールできるわけではない。



現地就労は、その名の通り現地で職探しをすること。

こちらは希望の国で働ける反面、
現地の人に準じた給料となる。

アジアであれば「Jobstreet」などのサイトや、
現地のフリーペーパー等で求人を探すことができる。


人件費の安い国に行けば、
日本人でも安くで働くことになる。

物価の安い国は人件費も安いので、
たまに日本に戻ったりすると出費が痛い。

国によって相場はまちまちだが、
日本で働くよりも稼げないことは前提になる。

また、国によって就労ビザのハードルも異なり、
専門性のある仕事でなければ就労できないとか、
そういった条件を設けている国も多い。

移住先の国民の雇用を確保するため、
こうした制限が設けられているのは一般的なこと。



駐在員では自由に住む場所を決められないし、
現地就労では安い賃金しか得られない。

しかも文化も言葉も違う国で苦労することが多い。



私が行なっているのは、このどちらでもない。

いわば第三の選択肢で、
場所に囚われない仕事を自ら行うことで
好きな時に好きな国に住む自由を得ることができた。

やっている仕事は同じなので、
どの国に住もうと収入が変化することはない。

物価の安いアジアの国に住めば、
収入はそのままで生活コストが下がる。

これが私の得た生活。


もっとも自由度が高く、
収入の額も自分次第で増やしていける。

このあたりのことは、
世界4大自由倶楽部の方で詳しく説明しているので、
ここで具体的な方法について触れることはしない。



移住後も仕事をするのであれば、
どの方法で収入を得るのがベストなのか?

今後の人生設計も含めて考えてみてほしい。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ