海外移住前日の憂鬱は単なる引越しの寂しさなのかもしれない


明日にはフィリピンを出るという状態になって、未だに出国証明書が手元に届かないので若干の不安はあるものの、一応の準備は整った。

しかしながら、大きくやることがあるというわけではなくて、基本的に部屋の中を掃除して後は旅行の準備を整える程度のことしかやることはない。

そしてだんだんと部屋のものが少なくなっていくにつれて、一抹の寂しさを感じるようになった。

これはフィリピンからマレーシアに移住してくるときにも感じた感覚。

そして結局のところ、これは海外移住の不安とか寂しさというよりは、ただ単に引越しをする時には常にまとわりつく、後ろ髪をひかれる感覚なのではないかということを感じる。

マレーシアの場合は一人で3LDKの部屋に住んでいたので、非常にがらんどうとしている感じがあった。

それに対してフィリピンについてはコンパクトな部屋を選んだので、そこまで印象は変わるわけではないと思っていたものの、いらないものを処分していくと意外に部屋がすっきりしていく。

そうすると今までは毎日帰って来ていた部屋が、突然余所行きの表情を見せているようで、寂しいというかどことなく心許ない感じがしてくる。

しかしながら、それによって何かを失うというわけでもないし、生理的な恐怖を感じている部分はあっても、それは実際にその部屋を出て一日も過ぎれば消え去ってしまう。

そしてある意味、こうして自分が住んでいた部屋に別れを告げていくということに慣れるのも、上手に生きていくためには重要な要素ではないかと最近は思うようになった。

これは人との別れも同様で、さようならを上手く言う技術というのはもっと重宝されても良いのではないかと思う。

往々にして卒業や退職のような人と別れる場面というのは悲しみを誘うものだが、それによって自分の感情がかき回されて、やるべきことが手につかなくなるとか、そういったダメージというのも存在する。

実際、フィリピンを出る前日ということになって、今日という日は若干いつもよりもそわそわしていて、どことなく仕事が手につかない。

こういったことというのは明らかに生産的ではないわけだし、いずれ克服していくべきことなのかもしれない。

勿論、一年や二年に一回のことなのだから、そのくらいは構わないという考え方もある。

それはそれで成立するだろうし、そういった考え方を否定する気もない。

しかしながら、どんどん別れを繰り返すということは、それだけ出会いが増えるということでもあり、自分のキャパシティの容量を大きくしつつ無理のない範囲で、新しい人を受け入れていくということにもつながってくる。

そういったことを考えると、やはり別れの技術というものは重要なのではないかと考えている。

しばらくの間は拠点を持たずに転々としているので、常に短期的に別れを繰り返すような日常になる。

さすがに一週間しかいなかった街と一年住んだ町では思い入れの度合いも違うので、全く同じように論じることは出来ないものの、面白い体験が出来るはず。

海外移住というのも繰り返していけば日常になっていくが、それでも一年に一回の部屋との別れ、あるいはそこに住んでいた人達との別れというのは少しだけ憂鬱な気分になる。

しかしそれすらも受け入れることが出来るのであれば、更に人間として成長できるのではないかと信じている。


ページの先頭へ