生き方を変えたら行きついたのは異常な未来だった


大学を出てから一度就職をした。

正社員として、毎朝決まった時間に出勤し、満員電車に乗るという生き方を変えたのが、もうすでに6年前ということになる。

それからは、自分でビジネスをやっていたため、誰かに雇われるということも、再就職をするということも一切なかった。

最初の3年ほどは、ただひたすら一人で事業を行っているだけで、オフィスを構えることもなかったので、生活圏といえば自宅とその周りの徒歩圏内ぐらいだった。

サラリーマン時代に比べれば、収入は増えたものの、ライフスタイルが変わったというわけではなく、特別生き方を変えるとか、そういったことを考えていたわけでもない。

ただただサラリーマンという生き方をやめたくて、働き方を模索していただけ。

元々組織の中に馴染むようなタイプでもなかったし、無能な上司の下で一生を終えるということも悪夢のように感じていた。

これは就職する前からの話で、一時期はビジネス書を読みあさって、どうにか起業をすることができないかと考えたこともあったが、社会人経験もなく、ビジネスについて何の知識も経験もない私にとっては、さすがにハードルの高い話だった。

結果として、サラリーマン時代に副業を行って、それが今では本業になっているが、会社員としてつまらない人生を歩んで、定年を迎える頃にボロボロになるよりは、全てが自己責任になる形になっても、自らビジネスを行うという道の方が、私には合っているという確信があった。

これはサラリーマンになってから気付いたというよりは、元々自分の性格を分析してみると、他人の下について働くとか、会社に入ってやっていくというのが、向いているとはとても思えなかった。

そんなわけで、一時的には会社員になったものの、その後に行き方を変えることになった。

そして、ビジネスがすっかり軌道にのって安定してから、物足りなさを覚えるようになり、プライベートの充実についても考えるようになった。

しかしながら、元々物欲もなかったので、収入が増えたからといって、何かを買いたいという欲求もあまりなく、それよりは住む場所を変えてみたいという風に思った。

その結果として、最初にマレーシアに移住をし、それから2年後にはフィリピンに住むようになった。

そして計3年間の海外生活を終えたあと、もう自宅を持たずにホテル暮らしを続けてもいいのではないかという結論になり、荷物を極限まで減らしてシンプルにし、スーツケースと手持ちのかばん一つに収まるようにした。

しかもスーツケースも巨大なものではなくて、機内に持ち込める大きさのもの。

荷物は全てを合計しても10kg程度に収まるようにしたため、わざわざ預け入れ荷物にしなくても飛行機に乗れるようになった。

少なくともサラリーマンを辞めるときには、ここまで生き方を変えることになるとは全く思っていなかったし、そんなことを望んでいたつもりもなかった。

しかしながら起業をして、時間も場所も自由で、尚且つ人間関係にもとらわれないという状況になったら、気軽に海外移住をすることができたし、その延長線上には、コンドミニアムを借りるのではなくて、ホテル暮らしをするという選択肢も出てきた。

結果として、成り行きで世界一周をしてみたり、自分の好きな国にふらりと行って、ビザが切れるまで滞在するとか、そういった生き方になった。

つい先日も、セブからクアラルンプール行きの航空券は取っていたものの、セブ島からフェリーでパングラオ島に行ったところ、とても気に入ってしまったので、そこでの滞在が伸びに伸びて、クアラルンプール行きの航空券を使う期限になっても、移動する気が起こらず、そのまま航空券は捨てて、パングラオ島に滞在し続けることにした。

こういった形で、どこにいるかすらも自由に変えることができて、自分の住所や居住国ですらもわからなくなるというのは、あきらかに起業当初には想定していなかった未来。

私には所謂脱サラという意識はなかったが、サラリーマンを辞める時には、これから一生自力で食っていくというところに焦点を当てていた。

しかしながら、今となってはこんなことは当たり前の話になって、ビジネスを大きくしていくのはもちろんのこととして、資産を各国に移して、より安全度の高い状態にしている。

そして、フォーカスとなっているのは、どこの国でどんな風に生きるかということで、仕事はある意味で安定していても、それが当たり前のことであって、それよりも生き方ということを考える時間が長くなった。

かつてサラリーマンの時には、仕事や会社のことが頭の中を占めていたし、そのストレスというのが、感情の大部分だった。

それがライフスタイルであるとか、自分の生きる目的とか、そういったものを追及をして生きていくことになるとは、予想だにしなかったこと。

事実は小説より奇なりというが、小さな変化を積み重ねることで、変化というのは雪だるま式に大きくなっていき、当初の予想を遥かに上回っていくということを、私自身が自分の人生で証明した結果となった。

そしてこれが、自分の事例のみではなくて、私の周りの友人たちを見ても、起業をしたり、海外生活を始めたことによって、期待以上に人生がどんどん変わっていったというケースは多い。

但し、この場合の変化というのは、プラスの方向にもマイナスの方向にも行き得るので、華麗な転身と呼ぶべき事例ばかりではなくて、時には転落とも取れるようなケースもある。

もっともそういった場合というのは、だいたい仕事がうまくいかなくなるとか、もしくは不用意に結婚をしてしまって、そこから泥沼に陥るとか、だいたい限られたケースに絞られてくるので、そういった大きな失敗をしなければ、徹底的な状況に追い込まれることは少ない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ