1人の少年が変えたヨーロッパの移民事情




中東からアフリカから慢性的な移民に悩まされているのが、ヨーロッパの課題の一つだが、世論やポピュリズムによって、その動向が左右されてしまうという側面を持っているというのも一つの真実。

先日メトロという新聞紙の紙面に、ヨーロッパは彼を救えなかったという見出しで記事が載った。

その記事には、シリアからの移民である3歳の少年、アイラン君の写真が載っており、これが多くの人の心を動かすことになった。

基本的に貧しい国や、内戦地からの移民というのは、治安の悪化や失業率の上昇といった、頭の痛い問題を引き起こすし、勝手に入ってこられる側の国民としては、拒否反応を示すのが一般的となる。

しかし、一人の少年の遺体の写真と記事を見て、なぜ幼い命を救えなかったのか、という疑問や後悔、罪の意識を持ったヨーロッパ各国の国民が、移民の受け入れに消極的な自国政府を批判したりする動きも出ているという。

そういった流れも汲んで、イギリスのキャメロン首相は、これまでの方向転換を決め、シリアから数千人の移民を受け入れるということを発表した。

フランスのオランダ大統領も、同様の動きを示している。

しかしながら、冷静に考えると、移民問題というのは、今に始まったことではなく、これまでもずっとヨーロッパにおいては、取り沙汰されてきたこと。

今回の騒動の発端となったのは、1人の少年だが、全体としての移民問題から見れば、言い方は悪いが、些細な出来事ということになる。

2015年の1月から9月頃まででも、移民の数というのは、36万5千人ほどになると報道されているし、その中にはボートの転覆等で、多数の人が亡くなっているということも言われている。

具体的には、地中海に密航船に乗ってきて、転覆事故であるとか、転落等で亡くなっている人、更には行方不明者も含めると、約2500人ほどではないかと推定されているし、この数字で本当に十分なのかもはっきりとはしない。

それだけの中で、たった一人のケースを取り上げ、突然世論が変わるというのも、一見するとキーな話しに思える。

しかしながら、こういった現象というのは、これまでにも散々心理学の分野では取り沙汰されており、地震で数千人やあるいはそれ以上の死者が出たという報道をするよりも、その中の一人にスポットを当てて、生い立ちや普段の行動、その人の持っていた夢などを、語って募金を呼びかけた方が多くの金額が集まるということは、もはや常識となっている。

今回のアイラン君の件についても、同様のプロセスをたどったと思われ、統計的な数字よりも、ストーリーが人間の心情を動かすということを、改めて証明した結果となった。

しかしながら、ヨーロッパが移民問題にさらされるのは今後も変わらず、世論が動くたびに、方針転換をするということは、あまり望ましいことではない。

結局キャメロン政権にしても、オランド政権にしても、ポピュリズムに走ったということだろうし、まさか本当に一人の少年の写真を見て、一国の大統領や首相が、心を動かされたというだけで、政策を転換するほど感情的ではないことを祈るばかりだが、そう考えれば、世論の人気取りに彼らが走っていることになり、それはそれで残念な結果ということになる。

一方で難民が流れ込む南欧やドイツ、オーストリアへの拠点となっているハンガリーでは、国境管理を厳重管理をせざるを得なくなり、ハンガリーのオルバン首相は、セルビアとの国境沿いに、有刺鉄線がついたフェンスを設置したりもして、世論に批判されている。

しかしながら、放置しておくことが出来る状態ではないことも事実で、ハンガリーの判断が一概に悪いとは言えない側面もある。

結局のところ人権を無視する先進国は、それらの思想の根付いていない国に対して、大きな責務や義務を担うことになり、その重荷でただでさえ弱っているヨーロッパが、益々悲鳴を上げているという側面も無視することはできない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ