iPhoneのフィルムを剥がしたのは失敗だった


左下の方から、フィルムが剥がれかけていたので、かさぶたを取るような感覚で、思わずそのフィルムをiPhoneから剥がしてしまった。

これは確かiPadを買った時に、iPhoneもついでにフィルムを貼ってもらったもので、そこから時間も経っていたので、徐々に剥がれはじめてしまうのも仕方がない。

簡単に全て取ることができたし、途中で1度戻そうとしたら、水ぶくれのような状態になってしまって、ますます汚くなったので、外したのは良かったものの、諮問の後がはっきりと付いてしむし、画面が曇ったようになってしまって。

屋外で使う時は、光の関係でそういったものが目立ってしまうということがわかった。

どうやら、フィルムを剥がしたというのは完全に失敗だった模様で、見た目がきれいになったのは、本当にその表面を磨いた時だけで、そこから1時間もすれば、かえって薄汚い感じになってしまうということがわかった。

しかしながらわざわざiPhoneのフィルムを、貼ってくれる店を探すのも面倒くさいし、現在はカナダを移動中なので、特にそういった店に心当たりがあるわけでもない。

そもそも私は、ITや ガジェット関係には弱いので、そういった店に行くことにも興味を感じないし、いわゆる電気街であるとか、そういったところにも居心地の悪さを感じる。

自分の得意分野ではないところには、行きたくないというのが感情としてあるし、実際問題として、弱みを補うよりは、強みを伸ばした方が人生は道が開けると思っているので、おそらくこの問題も、このまま放置されるのではないか思う。

そもそも論として言うと、iPhoneが必要なのかというところにも疑問があるし、もうそろそろ買い換えてもいいのではないかと思うこともある。

どちらかというと、iPhoneよりも現在使っているマックブックエアーの方が不具合が出ているので、そちらの方が先に寿命がきそうだが、そういった意味ではiPhoneはそこそこ長持ちしているという感じはする。

しかしながら、もはやスマホの機能というのは全く使っておらず、カメラとか録音とか、いわゆるガラケーのしかも数年前のモデルであっても、全く問題ないような使い方しかしていないので、わざわざかさばるスマホをもつよりは、海外のノキアであるとか、そういった携帯電話に変えてもいいのではないかということを最近は考えている。

荷物が重くなるよりは軽くなった方がいいし、かさばるよりは小さい方がコンパクトで気楽なる。

ただし、カメラを別に持たなければいけないということになると、それ自体は荷物が増えることになる上、他に録音の機材を持つということになると、結局スマホの方が1つにまとまって便利とも言える。

更に言うと、録音機能に関して言うと、抽出したファイルが、どのような拡張子になって出てくるかということも問題。

それによっては、今現在使っている編集の方法は使えなくなって、不便になってしまうという可能性もある。

さらに言うと、今はマックを使っているので、ガレッジバンドというソフトを使っているが、もし仮にマックを使わずにWindowsに変更するとしたら、そのソフト自体が変わることになるので、そこらへ辺もトラブルが起こる可能性がある。

こうして、移行コストがパソコンの場合はかかってくるし、それによって参入障壁というか、簡単にはマックユーザーがWindowsに乗り換えられない状況になる。

これは、アップル社としては利益になるところではあるものの、1ユーザーとして言うと、完全にマイナスのポイント。

今使っているソフトの中でも、使用できないものも出てくるので、結局は泣く泣くマックをそのまま使い続けるということになる可能性が高い。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ