イギリスやアイルランドでも見かけるHSBC


イングランドやアイルランドを移動していると、バスの窓からHSBCの支店を見かけることが多い。

元々はイギリスを基点として作られた銀行なので、当然といえば当然な話ではあるが、こうしてみてみると、本当に世界中に広がっているのがわかる。

いくつかの国からは撤退しているものの、アジア各国にもHSBCは顕在しているし、オーストラリアにも存在した。

そして、このヨーロッパの中でも、北西の果てにやってきて、こうしていくつも支店が顕在であることを見ると、世界中のローカル銀行というフレーズは、あながち誇張ではないという風に感じる。

もっともそうは言っても、日本からはすでに撤退してしまったし、私が解説する予定でいたタイからもなくなってしまった。

そういった意味で言うと、本当の意味で、世界各地にあるというわけではないし、むしろ基点となるいくつかの国では、なくなって存在しなくなってしまったので、その辺は若干不便なところではあるものの、本当に世界中に支店が散らばっているというのは事実。

そして、アイルランドでも、口座開設をしようかどうかということは考えた。

というのも、イングランドの場合は、通貨がポンドである為、わざわざそこで、口座を開設してもおそらく使い道がない。

それに対して、どこかのヨーロッパの国の中で、口座を開設しておくことによって、ユーロを余計な手数料を取られずに、引き出せるのではないかと思ったため。

しかしながら考えてみると、HSBC香港の口座を持っているわけで、そこにユーロを貯めておいて、HSBC香港のカードを使って、引き出しても同じことなのではないかという仮説が成り立った。

これについてはまだ、追及していないのでよくわからないところではあるものの、例えば、アイルランドで口座を開設して、ベルギーで引き落とす場合と、香港の口座からカードで引き落とす場合であれば、手数料等はほぼ変わらないのではないかということが推測できる。

そうであれば、わざわざこれ以上あちこちの国に口座を持って、管理を煩雑にする必要もない。

そもそもATMカード等を増やしていくということは、盗難のリスクも増えるわけだし、今のように色々な国を旅している身としては、危険度が増してしまうことになる。

そう考えてみると、あえてヨーロッパのどこかの国でHSBCの口座を解説する意味はないのではないかと思った。

アメリカのように、明確な意図があるのであれば話は変わってくるが、ヨーロッパにおいては、ただ単にユーロを安くで引き落としたいという程度の意思しかない。

更に言えば、こちらの国というのは、基本的にクレジットカードを使える店が多いので、なかなかお金が減っていかない。

実際、私がアイルランドに来てから、一度もユーロを引き落としていないというとこからも、それは証明されている。

元々150ユーロ程度は前回来た時に残っていた分として、手元にあって、結局今はそれが70ユーロぐらいに減っているだけ。

アイルランドとポルトガルで、合計してすぐに2週間以上は絶っているいるので、いかに現金が減らないか、ということがわかる。

そう考えてみると、そもそもユーロを引き落とす機械というのが非常に少ないので、わざわざ口座を開設しなくても、このままでいいのではないかと思い始めている。

この件に関しては、詳細を調べた上で、また再び詳しい情報をアップするかもしれない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ