アイルランド人の性格の特徴




ダブリンやベルファーストを旅していて感じるのは、アイルランド人の性格というのは非常に穏やかで、温かいところがあるということ。

特別陽気なわけではないし、テンションが高いとか、そういったところはないものの、困っていると道を教えてくれたりとか、あるいはホテルの近くまで連れていってくれたりとか、そういった親切に出会うことが多かった。

ホテルやベッド&ブレックファーストの対応というのも非常に人当りがいいことが多く、ヨーロッパの中でも、かなりこの人の好さというのは際立っているように感じた。

イタリアやスペインのような陽気さというのはないものの、非常に信頼できる国民性というか、そういったところがあるように感じる。

そういったこともあったので、アイルランドの旅行中というのは、非常に快適に過ごすことができた。

やはり人と接するのが苦痛になるのか、あるいは楽しみになるのか、というのは日所に重要なことで、この点に関してダブリンやベルファーストというのは、かなり恵まれるていると感じていた。

彼らの性格の特長というと、質実剛健という感じがすることが多い一方で、昼間からパブでビールを飲んでいる人も多かったりして、そこまで陽気というわけではないものの、人生を楽しんでいるような印象を受けた。

こういった光景というのは、欧米各国であったりとか、あるいは彼らが旅行や移住をして過ごしているバンコクであるとか、こういったところで見かけることが多い。

私の場合は昼間からお酒を飲んでしまうと、その後気分が悪くなったり、あるいは体がだるくて、非常に午後は辛くなったりするので、そういったところに影響は基本的に受けないようにしているが、彼らのような人生を送っているというのも、それはそれで1つ面白のではないかと感じることが多い。

日本人の場合だと、どうしても定年になった後、もぬけの殻のようになってしまったりとか、生きる目的を見失ったり、そもそも人生の楽しみ方を、うまく見つけることができなかったりといったことが問題としてある。

この辺はどうしても国の成長のフェーズに合わせて、どういった生き方が尊ばれるかというのは変わってくるし、当然ながら新興国と日本も違う。

日本の場合は、衰退期に入ってからまだそれほど時間が経たないので、ヨーロッパのように数百年単位で衰退期に入っている国が周囲にゴロゴロしているようなところとは、どうしても違う特徴を持っているということは、考慮に入れざるを得ない。

逆に言えば、成長を終えて、衰退を上手に受け入れてきた国から学べることは多いのではないかと思う。

とは言っても、アイルランドというのは、随分昔に栄て、そこから下降線をたどっているというよりは、比較的近年になってからは、経済が伸びた国なので、ここら辺はやはり周辺国からの影響を強く受けているのではないかと思う。

アイルランドにはまた改めて来ることもあると思うので、またその時には色々と、今回見て回っていないところも行ってこようかと思う。


豊かな自然に恵まれた国

なだらかな草原や断崖絶壁と美しい海、
そんな自然豊かな光景を求めてアイルランドへ飛んだ。

そして、期待は見事にかなえられた。

ダブリンはそれなりの規模の街なので、
特別自然に満ちているわけではないが、
少し郊外に行けば美しい庭を持った戸建てエリアが広がる。

このダブリン中心部より北側のエリアは個人的に気に入っていた。

ただし、レストランが少ないのが考えもので、
中心部まで歩いても片道20分ほど、
南側のテンプルバーまでは30分以上かかる。

それを差し引いても、
しばらく暮らしてみたいと思えるほどの住環境の良さだった。

また、街中にも公園等が多く、
そういった意味でもアイルランド人が
気持ちにゆとりを持って生活しているのがうかがえた。

ボタニカルガーデン




そして北アイルランドは想像通りの雄大な自然に満ちていて、
素晴らしい旅をすることができた。

ジャイアンツコーズウェイやダークヘッジが見どころだったが、
実際は途中の景色だけでも十分すぎるほど美しく、
素晴らしい時間を過ごすことができた。










ジャイアンツコーズウェイ
ダークヘッジ

緯度が高いため、
8月でも海に入ることはできなかったが、
静かな澄んだ海は眺めるだけでも十分に心が洗われた。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ