アイルランド、ダブリンの移住先としての価値を現地調査




7月終わりに訪れたダブリンは移住するにも
悪くない選択だと思える環境だった。

アイルランドは緯度が高いため、
同じ時期のヨーロッパ主要国よりも涼しい。

ポルトガルやフランス、ドイツ等は最高気温が
30度程度まで上がってくる。

これに対し、ダブリンは25度程度。

雨がずっと降っていた日は、
外に出ると寒いぐらいだった。



この街に来てから、
ひんやりとした空気の中での朝の散歩が楽しみになった。

人の少ない閑静な住宅街は空気が澄んでいて、
歩いていて気持ち良い。

仮に移住して1年ほどアイルランドに住むなら、
こうした習慣ができるかもしれない。

ちょっと歩いただけで汗をかく東南アジアでは、
なかなか実現しないことだった。


現実的な側面に目を向けても、
アイルランドの物価は安い。

同じ首都で比べても、
ロンドンの8割ぐらいで生活できる。

もっと言えば、
シドニーの半分ちょっとの生活費で済みそうなので、
先進国に住むことを考えると割安になる。

しかも英語が主要言語のため、
言葉で困ることもない。


ポルトガルに移動してから、
思いの外メニューに英語表記のないレストランが多くて困った。

この点、アイルランドなら不自由することがない。


人も優しいし、治安もいい。

街が巨大すぎることもないため、首都でも緑が多く、
暮らしやすい印象を受けた。

難点を挙げるとすれば、
市内交通が発達していないこと。

電車もトラムもバスもあるが、
どれもそれぞれに使いづらい。

ロンドンのように簡単に別の地区に行ける街に比べると、
足が不自由という感は否めない。

もっとも、マレーシアンのジョホールバルのように
本格的に移動が不自由な街に移住した経験もあるので、
それに比べればずっと楽ではあるが。



アイルランドに移住するなら、
ここでもビザの面が問題になる。

私は現地で働くわけではないが、
フリーランサー用の滞在許可証が該当しそうな感じがする。

とは言え、
調べると手続きはかなり面倒なようなので、
たった1年の滞在のためにどうにかする気がしない。

かつてポルトガル移住を阻んだのと同じ理由が
アイルランドにも通用する。


正直なところ、
最近ではおなじばしょに住む期間として
1年すら長い気がしている。

基本的な不動産の賃貸契約が1年というだけで、
もっと短い期間の方が快適に暮らせるのではないかと。


そう考えると、
ビザなしで滞在できる90日以内というのが
案外ベストな感じすらしてきた。

仮にアイルランドに1年住むとしても、
その間に次の年のためのビザをまた用意することになる。

そう考えると、安らぐヒマもない。


結局、今のように拠点を持たずに非定住生活をして、
その中でダブリンに滞在するぐらいがいいのかもしれない。

今回は北上してベルファーストに行ったぐらいだが、
西にはゴールウェイという街もある。

この辺を気が向いた時に移動しながら、
旅をしつつ暮らす今の形態の方が
ビザを取って不動産を借りて本格的に移住するより、
住み心地の面で上な気もしてきた。

非定住生活というのも、
意外に疲れるものではないのがわかってきたので。



ちなみに、アイルランドのビザとしては、
投資をすることで得られるものがある。

これは2013年の3月に新設された制度で、
例によって金融危機の対策として生まれたもの。

不動産や株式への100万ユーロ以上の投資か、
低金利の国債を200万ユーロ以上買うことが条件。

100万ユーロでも1億4,000万円程度なので、
EUの中でも安くはない。

ポルトガルなら半分の金額で済むので。



ダブリンのホテルに置いてあった新聞には、
一部エリアの不動産への税金を期間限定で免除する旨が書かれていた。

こうして見てみると、
アイルランドも移住者を呼びこんで
外貨を獲得する必要性はある模様。

ただし、必死になって集めているというわけではなく、
かなり余裕があることをビザの獲得に必要な金額からもうかがわせる。

残念ながら、
この金額を出してまでアイルランドのビザが欲しくはない。


ダブリンへの移住というのも、
本格的なものではなく3ヶ月以内のショートステイが
現実的な可能性として強く残るのだろう。

ちなみに、労働許可証を取得して5年たてば永住権が得られ、
9年滞在するとアイルランドの市民権がもらえるらしい。

もっとも、市民権を得れば日本国籍は返上することになるので、
日本人ではなくなる。

これはメリットよりデメリットの方が大きいだろう。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ