世界一周の記事は独立させることにした




すでに世界一周が始まって、
これだけに特化した方が見やすい気がしてきた。

ということで、今後は世界一周についての記事は
こちらに掲載することにした



別に大きな違いがあるわけではないものの、
サイドバーをちょっと変えて見やすくしたので、
上記のページも見て頂ければと思う。

不安になりながら初めてマレーシアに移住した時は、
こんなことになるとは思っていなかった。

ずいぶん遠くへ来たものだ(笑)。



もはや理想の居住環境を求めて、
各国を転々とするようになってしまった。

それは自分の予想すら上回っていることだったものの、
必然性を積み上げた結果でもある。


別に私が特別な勇気を持っているわけでもなければ、
冒険者としての資質を持っているのでもない。

むしろ、旅人や冒険者としての適性なら
人並みかそれ以下の可能性すらある。

元々が安定志向なので、
底の見えない深々として亀裂を飛び越える気概などなく、
ただ状況がそろうのを待った。



そんな私でも、環境を整えれば海外移住もできる。

さらには世界一周に出たり、
拠点を持たずに生活できるようになることもできる。


そんな生活を送る上で、
日本人に生まれたことは幸運だった。

一見すると国との関わりを捨てているように見えるかもしれないが、
実際は日本人だからこそ多くの国に受け入れられるし、
好意的に捉えてもらえる部分がある。

そういう意味では、
日本人であることが有利な条件の1つなのは間違いない。



世界一周の旅がどのようなものになるのかは分からないし、
ルートも未定だが、
仕事をしながらのんびり続けるものになる。

血眼で観光地を巡るわけでもなければ、
1000円以下の激安宿を渡り歩くわけでもない。



時に今後の移住先を探し、
時に投資家としての視察を行い、
時に現地の料理を楽しみ、
時に旅をしていることを忘れるほどにのんびりしながら
やっていければいいと思う。


ということで、
世界一周の様子はこちらでどうぞ


フェイスブックでもちょっとした日々の出来事を発信しているので、
よろしければ友だち申請でもしていただければと。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ