世界一周の中でポルトガルを縦断する必要がなかった




私が世界一周を始めた時というのは、完全に無制限の条件だったわけではなく、期間こそ無期限ではあったものの、フィリピンんの永住権を途中で取得するための手続きが入るという不確定要素があった。

何が不確定だったかというと、これは時期の話で、あくまでもフィリピン政府側が、手続きを進めていくため、向こうから呼び出しがかかる時期というのが、事前に正確に把握できるわけではない。

当然ながらフィリピンに入らなければいけないので、わざわざ一度ヨーロッパに行って、あるいは北米に入ってから戻ってくるのは大変だし、その間はアジアにいた。

結果として7月からヨーロッパに飛ぶことになり、イギリスとアイルランドを経て、真夏にポルトガルにいくことになった。

緯度のk高いイギリスやアイルランドと違って、ポルトガルというのは、最高気温が30度前後まで上がる。

更に言うと、直射日光がとても眩しくて、サングラスなしだと、かなり目に負担がかかる。

この時期にリスボンをスタートにして、オビドスやナザレ、ファティマ、コインブラ、ポルトと北上していき、ポルトガルを縦断したわけだが、今考えると何も7月から8月にかけてそんなことをする必要はなかったのではないかという風に感じる。

というのも、ポルトガルというのは、ヨーロッパの中でも有数の冬でも暖かい国。

もちろん暖かいというのは、東京に比べればある程度気温が高いという程度の意味合いであって、常夏のフィリピンやタイのような暑さが冬でも保たれているという意味ではない。

当然ながら冬になればコートは必要だし、実際クリスマスをリスボンで過したこともあるが、ロンドンよりはだいぶ暖かかったものの、厚手のコートは手放せなかった。

しかしこう考えてみると、ポルトガル縦断というのは、冬の時期にヨーロッパに行った時にやればよかったことで、何も暑さに喘ぎながら、真夏の他の国でベストシーズンとされている時に、ポルトガルに長居する必要は特になかった。

しかも、世界一周とは言いながらも、アジアからヨーロッパの西の果てに当たる ポルトガルまで行って、そこから一度東欧に飛んでドイツに移動し、そこから再び大きく西に飛んで、カナダのハリファックスに行ったので、別にポルトガルに長居しなくても、東欧にその分長い時間居ればよかったことになる。

ちなみ東欧というのは、北海道よりは若干暖かいぐらいで、冬というのは東京よりも明らかに寒い。

そう考えると、真冬に東欧に行くというのは賢い選択ではないので、ちょうど7月や8月ぐらいの時期には過ごしやすいということになる。

相違感がると、この時期を丸々ポーランドやチェコやルーマニア島にあてて、冬に行く時にポルトガルを割り当てた方がトータルで見た時に快適な旅ができることになる。

その意味で言うと、何でわざわざ真夏にポルトガルに1ヶ月も滞在していたのかというのが、今となっては理解できない。

当時の事情を考えると、とにかくアイルランドという国に行ってみたかったので、そこに行ってそして近いという理由でポルトガルに飛んだわけだが、その安易な発想がそもそもの失敗だった。 

結果としてポルトガルというのは、なかなか面白い可能性を持っている国だとわかったし、リスボンは2度目ですでに飽きていたが、オビドスやファティマに関しては、今後も上手に活用していきたいと思った。

しかしながら、冬の時期のヨーロッパにおける隠し玉のようなポルトガルをわざわざ真夏に消費してしまったというのは、頂けない話だった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ